Difference between revisions of "ACTIVE/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(New page: {{Multi-lang}} {{LSL Header/ja}} __NOTOC__ <div style="padding: 0.25em"> <div id="box"> == Integer ACTIVE = {{LSL Hex|0x2}}; == <div style="padding: 0.5em"> integer定...)
 
m
 
(7 intermediate revisions by 2 users not shown)
Line 1: Line 1:
{{Multi-lang}}
+
{{LSL Constant/ja
{{LSL Header/ja}} __NOTOC__
+
|name=ACTIVE
<div style="padding: 0.25em">
+
|type=integer
<div id="box">
+
|value={{LSL Hex/ja|0x2}}
== [[Integer]] [[ACTIVE/ja | ACTIVE]] = {{LSL Hex|0x2}}; ==
+
|examples
<div style="padding: 0.5em">
+
|constants={{LSL Constants Sensor/ja|no_wrapper=true}}
integer定数ACTIVEは{{LSL Hex|0x2}}の値をもちます。
+
|functions=
</div>
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llDetectedType}}|}}
</div>
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSensor}}|}}
<div id="box">
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSensorRepeat}}|}}
==関連した関数、イベント、定数==
+
|events=
<div style="padding: 0.5em">
+
|cat1=Sensor
'''定数'''
+
|cat2
<table style="border = 0;"><tr><td>
+
|cat3
<table {{Prettytable}}><tr style="background-color:#A7C1F2;">
+
|cat4
<th colspan="2">フラグ</th>
+
}}
<th>解説</th>
+
</tr><tr>
+
<td>[[AGENT]]</td>
+
<td>{{LSL Hex|0x1}}</td>
+
<td></td>
+
</tr><tr>
+
<td>[[ACTIVE]]</td>
+
<td>{{LSL Hex|0x2}}</td>
+
<td>これは移動しているオブジェクトを探すセンサに用いられます。</td>
+
</tr></table></td><td>
+
<table {{Prettytable}}><tr style="background-color:#A7C1F2;">
+
<th colspan="2">フラグ</th>
+
<th>解説</th>
+
</tr><tr>
+
<td>[[PASSIVE]]</td>
+
<td>{{LSL Hex|0x4}}</td>
+
<td>これは移動しないオブジェクトを探すセンサに用いられます。</td>
+
</tr><tr>
+
<td>[[SCRIPTED]]</td>
+
<td>{{LSL Hex|0x8}}</td>
+
<td>これはスクリプトが付与されたオブジェクトを探すセンサに用いられます。</td>
+
</tr></table>
+
</td></tr></table>
+
'''関数'''
+
*[[llDetectedType]]
+
*[[llSensor]]
+
*[[llSensorRepeat]]
+
</div>
+
</div>
+
</div>
+

Latest revision as of 22:07, 11 December 2012

解説

定数: integer ACTIVE = 0x2;

integer 定数 ACTIVE の値は 0x2 です。

関連記事

定数

マスクフラグ 説明 (llDetectedType()) 説明 (llSensor() と llSensorRepeat() のマスク)
AGENT 0x1 エージェント 廃止: AGENT_BY_LEGACY_NAME を使ってください。
AGENT_BY_LEGACY_NAME 0x1 エージェント Legacy Name(レガシー名)でエージェントを検索します。
AGENT_BY_USERNAME 0x10 エージェント Username(ユーザ名)でエージェントを検索します。
ACTIVE 0x2 物理タスク(物理オブジェクトとエージェント) 移動している物理オブジェクト、または動作中のスクリプトが入っているオブジェクトを検索します。つまり、現在 SecondLife サーバのリソースを消費しているものを検索します。
PASSIVE 0x4 非物理オブジェクト 移動していない物理オブジェクト、または動作中でないスクリプトが入っている非物理オブジェクト、またはスクリプトの入っていないオブジェクトを検索します。つまり、現在 SecondLife サーバのリソースを消費していないものを検索します。
SCRIPTED 0x8 動作中のスクリプトが入っているオブジェクト 動作中のスクリプトが入っているオブジェクトを検索します。つまり、現在 SIM に何かしているものを検索します。
llDetectedType() スクリプトあり スクリプトなし
物理 10 (ACTIVE|SCRIPTED) 2 (ACTIVE)
非物理 12 (PASSIVE|SCRIPTED) 4 (PASSIVE)

関数

•  llDetectedType
•  llSensor
•  llSensorRepeat

記事

•  Object Type

特記事項

この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)