Difference between revisions of "Category:LSL Alpha/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
Line 1: Line 1:
{{Multi-lang}}
+
{{Multi-lang}}{{LSL Header/ja}}
{{LSL Header/ja}}
+
  
 
アルファはどのくらいオブジェクトが不透明か半透明かを指し示します。LSLのアルファは0.0からの範囲の[[float/ja|float]]値を用いて設定し、透明なオブジェクトを最大値1.0で表示すると、不透明なオブジェクトが表示されます。
 
アルファはどのくらいオブジェクトが不透明か半透明かを指し示します。LSLのアルファは0.0からの範囲の[[float/ja|float]]値を用いて設定し、透明なオブジェクトを最大値1.0で表示すると、不透明なオブジェクトが表示されます。
  
 
SL GUIを通してアルファチャンネルを設定している時のアルファは、0から100の間のパーセント値によって表現され、最高値は90%です。
 
SL GUIを通してアルファチャンネルを設定している時のアルファは、0から100の間のパーセント値によって表現され、最高値は90%です。
{{LSLC/ja}}{{LSLC/ja|Face/ja}}
+
{{LSLC/ja|}}{{LSLC/ja|Face}}

Revision as of 06:17, 19 January 2008

アルファはどのくらいオブジェクトが不透明か半透明かを指し示します。LSLのアルファは0.0からの範囲のfloat値を用いて設定し、透明なオブジェクトを最大値1.0で表示すると、不透明なオブジェクトが表示されます。

SL GUIを通してアルファチャンネルを設定している時のアルファは、0から100の間のパーセント値によって表現され、最高値は90%です。