Difference between revisions of "Category:LSL Functions/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Redirected page to Category:LSL 関数)
m
Line 1: Line 1:
#Redirect [[:Category:LSL 関数]]
+
{{LSL Header/ja|ml=*}}[[Category:LSL Keywords/ja]][[Category:LSL Flow Control/ja]][[Category:LSL/ja]]
 +
 
 +
このカテゴリはビルトインLSL関数も含みます。
 +
 
 +
== 可変性 ==
 +
LSL では全てのデータ型 (の値はそれ自身で) は不変であり (すなわち何らかの副作用で変化することはなく)、言い換えると、変数の値は上書きによってのみ変更可能です。変数の値を間接的に変更する方法は無く、変更する唯一の方法は代入演算子 (=, +=, -=, *=, /=, %=, ++, --) を使って直接操作することです。
 +
 
 +
*ビルトイン関数が、引数として渡された変数を書き換えることはありません。
 +
*ユーザ定義関数の関数スコープ内で引数の値を変更したとしても、それが呼び出し元の変数の書き換えにつながることはありません。[1]
 +
 
 +
== 関数 ==
 +
 
 +
{{LSL All Functions|name|key=*}}
 +
 
 +
== 脚注 ==
 +
{{Footnotes}}{{Anchor|PiC}}

Revision as of 02:46, 14 December 2015

このカテゴリはビルトインLSL関数も含みます。

可変性

LSL では全てのデータ型 (の値はそれ自身で) は不変であり (すなわち何らかの副作用で変化することはなく)、言い換えると、変数の値は上書きによってのみ変更可能です。変数の値を間接的に変更する方法は無く、変更する唯一の方法は代入演算子 (=, +=, -=, *=, /=, %=, ++, --) を使って直接操作することです。

  • ビルトイン関数が、引数として渡された変数を書き換えることはありません。
  • ユーザ定義関数の関数スコープ内で引数の値を変更したとしても、それが呼び出し元の変数の書き換えにつながることはありません。[1]

関数

Key Description
 NEW  この関数は最近追加されました。
 I  この関数は関数IDが分からないか、ありません。
 D  この関数は非推奨ですが、動作はします。使用は控えるべきです。
 R  この関数は非推奨として、廃止されました。使用しないでください。
 U  この関数はまだ実装されていません。使用しないでください。
 B  この関数は壊れていて動作しません。
 G  この関数はゴッド モードでのみ動作します。使用できません。
 RQ  リクエストされましたが、実装されませんでした。使用しないでください。

 脚注 

Pages in category "LSL Functions/ja"

The following 200 pages are in this category, out of 394 total.

(previous 200) (next 200)

A

B

C

D

E

F

G

G cont.

G cont.

H

I

K

L

(previous 200) (next 200)