Difference between revisions of "Float/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
Line 1: Line 1:
 
{{Multi-lang}}
 
{{Multi-lang}}
{{LSL Header}}
+
{{LSL Header/ja}}
 
[[Category:LSL Types/ja]]
 
[[Category:LSL Types/ja]]
 
浮動小数点数データ型はIEEE-754形式の32ビット(単精度)の数値.  
 
浮動小数点数データ型はIEEE-754形式の32ビット(単精度)の数値.  

Revision as of 02:56, 5 December 2007

浮動小数点数データ型はIEEE-754形式の32ビット(単精度)の数値. 小数点付きの数値を使いたいときはfloat型を使用する.

表現できる範囲は1.175494351E-38 〜 3.402823466E+38.

2.6E-5のような科学的表記で表現される.

関数が引数としてfloat型を要求しているときに, 数値が整数(例えば5)のときは, float型(例えば5.0)として生成されるように.0を付加する.

二つの定数どうしを除算する場合,float型として定義をしないと結果が丸められる. いっそのこと, 電卓であらかじめ計算しておけば, サーバーの数サイクルを節約できる.


関連項目

Articles