Difference between revisions of "Http request/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(新規作成)
 
 
(One intermediate revision by one other user not shown)
Line 14: Line 14:
 
|examples=
 
|examples=
 
設計段階で作成されたサンプルは、[[LSL_http_server/examples]] にあります。
 
設計段階で作成されたサンプルは、[[LSL_http_server/examples]] にあります。
<lsl>key url_request;
+
<source lang="lsl2">key url_request;
  
 
default
 
default
Line 41: Line 41:
 
         }
 
         }
 
     }
 
     }
}</lsl>
+
}</source>
 
|helpers
 
|helpers
 
|also_articles
 
|also_articles
Line 56: Line 56:
 
|notes
 
|notes
 
|issues=
 
|issues=
{{Issue|SVC-1086|Design: LSL http_server|type=fs|status=ip}}
+
{{Issue/V1|SVC-1086|Design: LSL http_server|type=fs|status=ip}}
 
|cat1=HTTP
 
|cat1=HTTP
 
|cat2=HTTP/Server
 
|cat2=HTTP/Server

Latest revision as of 09:02, 21 February 2016

説明

イベント: http_request( key request_id, string method, string body ){ ; }

タスクが HTTP リクエストを受信したときに発生します。

• key request_id レスポンスに使用する HTTP リクエスト ID 、および関数のレスポンスを識別する値。
• string method GET, POST, PUT
• string body リクエストの内容。

仕様

完全な仕様は LSL_http_server を参照してください。

警告

  • body は 2048 バイトまでに 制限 されています。これより長いものは全て 2048 バイトに丸められます。
  • (llGetHTTPHeader でアクセスされる) ヘッダは 255 バイトまでです。
  • 受信待ち状態にできる http_request は 64 個までです。
  • メソッドが POST または PUT でなければ body はリクエストで送られてきません。

サンプル

設計段階で作成されたサンプルは、LSL_http_server/examples にあります。

key url_request;
 
default
{
    state_entry()
    {
        url_request = llRequestURL();
    }
    http_request(key id, string method, string body)
    {
        if (url_request == id)
        {
            url_request = "";
            if (method == URL_REQUEST_GRANTED)
            {
                llSay(0,"URL: " + body);
            }
            else if (method == URL_REQUEST_DENIED)
            {
                llSay(0, "Something went wrong, no url. " + body);
            }
        }
        else
        {
            llHTTPResponse(id, 200, body);
        }
    }
}

参考情報

関数

•  llRequestURL LSL サーバの新しい公開 URL を取得
•  llRequestSecureURL LSL サーバの新しい公開 URL を取得
•  llReleaseURL URL を解放
•  llHTTPResponse HTTP リクエストに返答
•  llGetHTTPHeader リクエストの HTTP ヘッダの値を取得
•  llEscapeURL
•  llUnescapeURL

特記事項

議論

   Design: LSL http_server
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。