LlClearCameraParams/ja

From Second Life Wiki
< LlClearCameraParams
Revision as of 07:38, 2 May 2010 by Mako Nozaki (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: llClearCameraParams( );

全てのカメラパラメタを初期値にリセットして、スクリプトでのカメラ制御を停止します。

実行するには、llRequestPermissions による PERMISSION_CONTROL_CAMERA 権限が必要です。

警告

  • 権限の自動付与に頼らないようにしましょう。常に run_time_permissions イベントを使用しましょう。
  • スクリプトに PERMISSION_CONTROL_CAMERA の権限が不足していると、スクリプトはエラーを DEBUG_CHANNEL で叫び、操作に失敗します (しかしスクリプトは処理を続けます)。
  • いったん PERMISSION_CONTROL_CAMERA 権限が付与されると、スクリプトの中で (例えば、新しい llRequestPermissions 呼び出しなどにより) 権限をはく奪することができません。スクリプトはオブジェクトが derez (削除、取り外し、取り込み) されない限り権限が失われません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

関連項目

イベント

•  run_time_permissions 権限取得イベント

関数

•  llGetPermissions 付与されている権限を取得します
•  llGetPermissionsKey 権限を許可したエージェントを取得します
•  llRequestPermissions 権限を要求します
•  llSetCameraParams

記事

•  権限/スクリプト

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llClearCameraParams();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。