Difference between revisions of "LlClearPrimMedia/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (server 1.33 is already released)
Line 1: Line 1:
{{Issues/SVC-4939}}{{LSL_Generic/pre-release/ja|関数|server-release=1.33.0|client-release=1.24.4}}{{LSL_Function/face/ja|face|notall=*}}{{LSL_Function/ja
+
{{Issues/SVC-4939}}{{LSL_Function/face/ja|face|notall=*}}{{LSL_Function/ja
 
|func_id=352|func_sleep=1.0|func_energy=10.0|mode
 
|func_id=352|func_sleep=1.0|func_energy=10.0|mode
 
|func=llClearPrimMedia|return_type=integer
 
|func=llClearPrimMedia|return_type=integer

Revision as of 07:46, 24 April 2010

要約

関数: integer llClearPrimMedia( integer face );

指定された のメディアと全ての パラメタ をクリア (消去) します。
操作の成功失敗を表す STATUS_* フラグを integer で返します。

• integer face 番号

成功失敗フラグ 説明
LSL_STATUS_OK 0 関数呼び出しに成功しました
LSL_STATUS_MALFORMED_PARAMS 1000 不正な形式のパラメタ呼び出しです
LSL_STATUS_TYPE_MISMATCH 1001 引数の型が一致しません
LSL_STATUS_BOUNDS_ERROR 1002 引数の数が一致しません
LSL_STATUS_NOT_FOUND 1003 オブジェクトまたはアイテムが見つかりませんでした
LSL_STATUS_NOT_SUPPORTED 1004 この機能はサポートされていません
LSL_STATUS_INTERNAL_ERROR 1999 内部エラーが発生しました
LSL_STATUS_WHITELIST_FAILED 2001 ブロックされました

警告

  • この関数は 1.0 秒間、スクリプトを停止します。
  • face が存在しない面を指している場合、関数はエラーを出さずに復帰します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

関連項目

特記事項

経緯

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   SVN Changeset 2816 in Trunk is immature

Signature

function integer llClearPrimMedia( integer face );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。