LlForceMouselook/ja

From Second Life Wiki
< LlForceMouselook
Revision as of 02:46, 20 January 2008 by Asuka Neely (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: llForceMouselook( integer mouselook );

アバターがこのプリムに座った場合、強制的にマウスルックに設定します。

• integer mouselook 1の場合、座っているいくつかのアバタはマウスルックモードを強制されます。0の場合、この設定は戻されます。

mouselook1の場合、アバタがプリム上に座ったとき、アバタはマウスルックモードを強制されるでしょう。
0の場合は、初期ステートで、エージェントのカメラモードは変わらないでしょう。
sit targetはこの関数を動かすために必要ではありません。

警告

  • この関数は、すでに座っているアバターには効果はありません。
  • ユーザいつでもマウスルックを終了できます。
    • これはllGetAgentInfoのポーリングにて探知できます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

Force Mouselook on Sit

default
{
    state_entry()
    {
        llForceMouselook(TRUE);
    }
}

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llForceMouselook( integer mouselook );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。