Difference between revisions of "LlList2Vector/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Initial translation)
 
m
Line 1: Line 1:
{{Issues/SVC-798}}{{LSL_Function/list/element/ja|src|index|vector|nc=*|return={{HoverLink|ZERO_VECTOR|{{LSL VR|0.0, 0.0, 0.0}}}}}} {{LSL_Function/ja
+
{{Issues/SVC-798}}{{LSL_Function/list/element/ja|src|index|vector|nc=*|return={{HoverLink|ZERO_VECTOR/ja|{{LSL VR|0.0, 0.0, 0.0}}|ZERO_VECTOR}}}} {{LSL_Function/ja
 
|func_id=190|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
 
|func_id=190|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func=llList2Vector|return_type=vector
+
|func=llList2Vector|return_type=vector|p1_type=list|p1_name=src|p2_type=integer|p2_name=index
|p1_type=list|p1_name=src
+
|p2_type=integer|p2_name=index
+
 
|func_footnote
 
|func_footnote
 
|func_desc
 
|func_desc
 
|return_text='''src''' の '''index''' にある要素
 
|return_text='''src''' の '''index''' にある要素
 
|spec
 
|spec
|caveats=*要素が文字列だった場合 {{LSLG/ja|ZERO_VECTOR}} が返ります。
+
|caveats=*文字列から型変換するのに使用すると、{{LSLG/ja|ZERO_VECTOR}} が返ります。
 
**文字列の要素を正しく型変換する方法: ({{LSLG/ja|vector}}){{LSLG/ja|llList2String}}(src, index);
 
**文字列の要素を正しく型変換する方法: ({{LSLG/ja|vector}}){{LSLG/ja|llList2String}}(src, index);
***要素が vector 型だった場合、{{LSLG/ja|llList2String}} で string 型に変換すると小数点以下の桁数が 6 桁に切り詰められます。
+
***残念なことに、すでに vector 型であった場合、 {{LSLG/ja|llList2String}} を使用すると小数点以下の桁数が 6 桁に切り詰められます。
 +
***({{LSLG/ja|vector}}) {{LSLG/ja|llList2String}} (src, index) を使用する際、半角空白がコロンの後に自動的に付加されることにご注意ください。{{LSLG/ja|listen}} で拾ったとき、半角空白で解析しないようにしてください。
 
|constants
 
|constants
 
|examples=
 
|examples=
<lsl>// チャットウィンドウ (Ctrl-H) でご覧ください。
+
<lsl>// チャット履歴 (Ctrl-H) で最適な表示がされます。
 
default
 
default
 
{
 
{

Revision as of 21:23, 4 May 2010

要約

関数: vector llList2Vector( list src, integer index );

srcindex にある要素を vector で返します。

• list src 処理対象の要素が含まれるリスト
• integer index 処理対象の要素のインデックス

index には 負のインデックス を使用できます。
indexsrc の有効なインデックス外だった場合 ZERO_VECTOR が返されます。
srcindex にある要素の型が vector でなかった場合 ZERO_VECTOR が返されます。
右のような代替手段があります: (vector)llList2String(src, index);

仕様

インデックス
先頭 0 -length
末尾 length - 1 -1

インデックス

  • 正のインデックスは先頭から数えます。先頭の要素は 0、末尾の要素は (length - 1) のインデックスを持ちます。
  • 負のインデックスは末尾から数えます。先頭の要素は -length、末尾の要素は -1 のインデックスを持ちます。

警告

  • index が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
  • 文字列から型変換するのに使用すると、ZERO_VECTOR が返ります。
    • 文字列の要素を正しく型変換する方法: (vector)llList2String(src, index);
      • 残念なことに、すでに vector 型であった場合、 llList2String を使用すると小数点以下の桁数が 6 桁に切り詰められます。
      • (vector) llList2String (src, index) を使用する際、半角空白がコロンの後に自動的に付加されることにご注意ください。listen で拾ったとき、半角空白で解析しないようにしてください。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl>// チャット履歴 (Ctrl-H) で最適な表示がされます。 default {

   state_entry()
   {
       list my_list = ["a", 1, 2.0, <1,2,3>, <1,2,3,4>, llGetOwner()];
       integer i = ~llGetListLength(my_list);
       while(++i)
       {
           llOwnerSay("string=" + llList2String(my_list,i)
                       + "\n   integer=" + (string)llList2Integer(my_list,i)
                       + "\n   float=" + (string)llList2Float(my_list,i)
                       + "\n   vector=" + (string)llList2Vector(my_list,i)
                       + "\n   rot=" + (string)llList2Rot(my_list,i)
                       + "\n   key=" + (string)llList2Key(my_list,i) );
       }
   }
}</lsl>

関連項目

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   Perform typecasting with all llList2* functions

Signature

function vector llList2Vector( list src, integer index );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。