Difference between revisions of "LlMakeFountain/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Initial translation)
 
 
(2 intermediate revisions by one other user not shown)
Line 24: Line 24:
 
|also_articles
 
|also_articles
 
|notes=バージョン 1.14 以降、それまでの llMakeFountain によるパーティクルと同等の表現が可能な {{LSLG/ja|llParticleSystem}} が用意されました。
 
|notes=バージョン 1.14 以降、それまでの llMakeFountain によるパーティクルと同等の表現が可能な {{LSLG/ja|llParticleSystem}} が用意されました。
<lsl>
+
<source lang="lsl2">
 
llMakeFountain(integer particle_count,
 
llMakeFountain(integer particle_count,
 
               float particle_scale,
 
               float particle_scale,
Line 34: Line 34:
 
               vector local_offset,
 
               vector local_offset,
 
               vector bounce_offset);
 
               vector bounce_offset);
</lsl>
+
</source>
<lsl>
+
<source lang="lsl2">
 
fakeMakeFountain(integer particle_count, float particle_scale, float particle_speed,
 
fakeMakeFountain(integer particle_count, float particle_scale, float particle_speed,
 
                 float particle_lifetime, float source_cone, integer bounce,
 
                 float particle_lifetime, float source_cone, integer bounce,
Line 75: Line 75:
 
//      場合によっては期待通りの表現になっていないかもしれません。
 
//      場合によっては期待通りの表現になっていないかもしれません。
 
//    4) llMakeFountain の設定と llParticleSystem の設定の差分を求めることはできません。
 
//    4) llMakeFountain の設定と llParticleSystem の設定の差分を求めることはできません。
</lsl>
+
</source>
 
|cat1=Particles
 
|cat1=Particles
 
|cat2=Effects
 
|cat2=Effects

Latest revision as of 15:41, 25 February 2016

Emblem-important.png 廃止済み
(この関数は廃止されています。代わりに llParticleSystem を使用してください。)

要約

関数: llMakeFountain( integer particles, float scale, float vel, float lifetime, float arc, integer bounce, string texture, vector offset, float bounce_offset );

パーティクルの泉を表現します。

• integer particles
• float scale
• float vel
• float lifetime
• float arc
• integer bounce
• string texture
• vector offset
• float bounce_offset

警告

  • この関数は 0.1 秒間、スクリプトを停止します。
  • この関数は廃止されています。代わりに llParticleSystem を使用してください。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

注意点

バージョン 1.14 以降、それまでの llMakeFountain によるパーティクルと同等の表現が可能な llParticleSystem が用意されました。

llMakeFountain(integer particle_count,
              float particle_scale,
              float particle_speed,
              float particle_lifetime,
              float source_cone,
              integer source_bounce,
              string source_texture_id,
              vector local_offset,
              vector bounce_offset);
fakeMakeFountain(integer particle_count, float particle_scale, float particle_speed,
                float particle_lifetime, float source_cone, integer bounce,
                string source_texture_id, vector local_offset, vector bounce_offset)
{
//      local_offset is ignored
//      bounce is ignored
//      bounce_offset is ignored
    llParticleSystem([
        PSYS_PART_FLAGS,            PSYS_PART_INTERP_COLOR_MASK | PSYS_PART_INTERP_SCALE_MASK | PSYS_PART_WIND_MASK | PSYS_PART_BOUNCE_MASK | PSYS_PART_EMISSIVE_MASK,
        PSYS_SRC_PATTERN,           PSYS_SRC_PATTERN_ANGLE_CONE,
        PSYS_PART_START_COLOR,      <1.0, 1.0, 1.0>,
        PSYS_PART_END_COLOR,        <1.0, 1.0, 1.0>,
        PSYS_PART_START_ALPHA,      0.50,
        PSYS_PART_END_ALPHA,        0.25,
        PSYS_PART_START_SCALE,      <particle_scale/1.5, particle_scale/1.5, 0.0>,
        PSYS_PART_END_SCALE,        <0.0, 0.0, 0.0>,
        PSYS_PART_MAX_AGE,          3.0,
        PSYS_SRC_ACCEL,             <1.0, 0.0, -4>,
        PSYS_SRC_TEXTURE,           source_texture_id,
        PSYS_SRC_BURST_RATE,        5/particle_count,
        PSYS_SRC_ANGLE_BEGIN,       0.0,
        PSYS_SRC_ANGLE_END,         source_cone*PI,
        PSYS_SRC_BURST_PART_COUNT,  1,
        PSYS_SRC_BURST_RADIUS,      0.0,
        PSYS_SRC_BURST_SPEED_MIN,   particle_speed,
        PSYS_SRC_BURST_SPEED_MAX,   particle_speed,
        PSYS_SRC_MAX_AGE,           particle_lifetime/2,
        PSYS_SRC_OMEGA,             <0.0, 0.0, 0.0>
    ]);
}
//    既知の相違点
//    1) llParticleSystem では跳ね返り位置 '''bounce''' は 0 に固定されます。
//    2) llMakeFountain ではパーティクルの表示持続時間はランダムでした。
//       これは llParticleSystem では、それ単体では実現できません。
//    3) llMakeFountain ではいくつかの値が語義どおりの意味を持っていませんでした。
//       (例えば '''vel''' は秒速でなく、'''particles''' は本来のパーティクル数からかけ離れていました。)
//       ここで示した例では、近似の表現になるよう一定の比率をあてはめましたが、
//       場合によっては期待通りの表現になっていないかもしれません。
//    4) llMakeFountain の設定と llParticleSystem の設定の差分を求めることはできません。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llMakeFountain( integer particles, float scale, float vel, float lifetime, float arc, integer bounce, string texture, vector offset, float bounce_offset );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。