Difference between revisions of "LlRequestSimulatorData/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (Undo revision 851112 by Mako Nozaki (Talk))
m
Line 2: Line 2:
 
|func_id=293|func_sleep=1.0|func_energy=10.0
 
|func_id=293|func_sleep=1.0|func_energy=10.0
 
|func=llRequestSimulatorData
 
|func=llRequestSimulatorData
|return_type=key|p1_type=string|p1_name=simulator|p2_type=integer|p2_name=data
+
|return_type=key
 +
|p1_type=string|p1_name=region
 +
|p2_type=integer|p2_name=data
 
|func_footnote
 
|func_footnote
|func_desc='''simulator'''についての'''{{LSL Param|data}}'''を要求します。 '''{{LSL Param|data}}'''が有効なとき、{{LSLG/ja|dataserver}}イベントが挙動するでしょう。
+
|func_desc='''region''' についての '''{{LSL Param|data}}''' を要求します。 '''{{LSL Param|data}}''' が取得可能な場合、 {{LSLG/ja|dataserver}} イベントが発生します。
|return_text={{LSLG/ja|dataserver}}イベントのレスポンスのためのハンドラ
+
|return_text={{LSLG|dataserver}} イベントの受信に使用するハンドラ
 
|spec
 
|spec
 
|caveats
 
|caveats
 +
*DATA_SIM_TYPE や DATA_SIM_MAXPRIMS はありません。[[#SVC-4921|SVC-4921]]
 
|constants={{{!}} {{Prettytable|style=margin-top:0;}}
 
|constants={{{!}} {{Prettytable|style=margin-top:0;}}
 
{{!}}- {{Hl2}}
 
{{!}}- {{Hl2}}
 
! colspan="2" {{!}} {{LSL Param|data}} 定数
 
! colspan="2" {{!}} {{LSL Param|data}} 定数
 
! Type
 
! Type
! colspan="4" {{!}} 解説
+
! colspan="4" {{!}} 説明
 
{{!}}-
 
{{!}}-
 
{{LSL_Constants/llRequestedSimulatorData/ja}}
 
{{LSL_Constants/llRequestedSimulatorData/ja}}
Line 19: Line 22:
 
|helpers
 
|helpers
 
|also_functions=
 
|also_functions=
{{LSL DefineRow||[[llGetParcelDetails/ja|llGetParcelDetails]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetParcelDetails}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llGetParcelFlags/ja|llGetParcelFlags]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetParcelFlags}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llGetParcelMaxPrims/ja|llGetParcelMaxPrims]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetParcelMaxPrims}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llGetParcelPrimCount/ja|llGetParcelPrimCount]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetParcelPrimCount}}|}}
|also_tests
+
|also_tests=
 +
{{LSL DefineRow||{{LSLG|llRequestSimulatorData Test}}}}
 
|also_events
 
|also_events
 
|also_articles
 
|also_articles

Revision as of 22:36, 7 May 2010

要約

関数: key llRequestSimulatorData( string region, integer data );

region についての data を要求します。 data が取得可能な場合、 dataserver イベントが発生します。
dataserver イベントの受信に使用するハンドラを key で返します。

• string region
• integer data DATA_* フラグ
data 定数 Type 説明
DATA_SIM_POS 5 (vector) 地域の グローバル位置.
DATA_SIM_STATUS 6 string 説明
"up" 地域は現在稼働しています。
"down" 地域は現在稼働していません。
"starting" 地域は現在起動処理中です。
"stopping" 地域は現在停止処理中です。
"crashed" 地域はクラッシュしました。
"unknown" 地域のステータスは不明か、不明な地域です。
DATA_SIM_RATING 7 string 地域の区分 "PG"、 "MATURE"、 "UNKNOWN"

警告

  • この関数は 1.0 秒間、スクリプトを停止します。

Important Issues

~ All Issues ~ Search JIRA for related Bugs
   スクリプトのdataserverイベントが、(llRequestSimulatorData呼び出しの結果が)Simが再起動するまで永続してブロックされます。

サンプル

関連項目

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   スクリプトのdataserverイベントが、(llRequestSimulatorData呼び出しの結果が)Simが再起動するまで永続してブロックされます。

テスト

•  llRequestSimulatorData Test

Signature

function key llRequestSimulatorData( string region, integer data );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。