Difference between revisions of "LlRequestUserKey/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Fix caveats.)
m (Translated the updated part of the English version.)
 
Line 12: Line 12:
 
|spec
 
|spec
 
|caveats=
 
|caveats=
* この機能には制限があります。制限は文書化されていませんが、2018年10月現在、この機能は最大20リクエストをサポートしており、オーナー毎に一つのリージョンで平均1.9リクエスト/秒で持続的に使用されています。制限を超えて実行に失敗した場合は、[[DEBUG_CHANNEL/ja|DEBUG_CHANNEL]] に"Too many llRequestUserKey requests.  Throttled until average falls."と表示されます。
+
* この機能には制限があります。制限は文書化されていませんが、2018年10月現在、この機能は最大20リクエストをサポートしており、オーナー毎に一つのリージョンで平均1.9リクエスト/秒で持続的に使用されています。(スロットルは、リージョン内の同じオーナーの全てのオブジェクトに適用されることを意味します。)制限を超えて実行に失敗した場合は、[[DEBUG_CHANNEL/ja|DEBUG_CHANNEL]] に"Too many llRequestUserKey requests.  Throttled until average falls."と表示されます。
 +
* この関数は、この関数が使用されたグリッドにまだログオンしていないエージェントに対しては [[NULL_KEY/ja|NULL_KEY]] を返します。
 
|examples=<source lang="lsl2">key name_key_query;
 
|examples=<source lang="lsl2">key name_key_query;
 
default
 
default
Line 33: Line 34:
 
|also
 
|also
 
|also_functions=
 
|also_functions=
 +
{{LSL DefineRow||[[llRequestUsername/ja|llRequestUsername]]|キーを名前に変換します。}}
 
{{LSL DefineRow||[[llName2Key/ja|llName2Key]]|名前でアバターの UUID を取得します。}}
 
{{LSL DefineRow||[[llName2Key/ja|llName2Key]]|名前でアバターの UUID を取得します。}}
 
|notes=名前は常に <nowiki>"First[ Last]" または "first[.last]"</nowiki> という形式で提供されます。(ファーストネームとオプションのラストネーム(姓))ラストネームが省略されている場合、ラストネームとして "Resident" が使用されます。エージェント名では、大文字小文字は考慮されません。
 
|notes=名前は常に <nowiki>"First[ Last]" または "first[.last]"</nowiki> という形式で提供されます。(ファーストネームとオプションのラストネーム(姓))ラストネームが省略されている場合、ラストネームとして "Resident" が使用されます。エージェント名では、大文字小文字は考慮されません。
 
}}
 
}}

Latest revision as of 03:21, 26 April 2020

要約

関数: key llRequestUserKey( string username );

名前に一致するエージェントのエージェント ID を dataserver に要求します。指定する名前は、現在の名前または過去に使用された名前のいずれも使用することが出来ます。指定された名前のエージェントが見つからない場合は、この関数は NULL_KEY 値を返します。

dataserver イベントが発生した際にリクエストを識別するために使用出来るハンドル(キー)を返します。

この関数で検索するエージェントは、セカンドライフにログインしている必要はありません。
key で返します。

• string username UUID を取得するアバターのユーザー名。

警告

  • この機能には制限があります。制限は文書化されていませんが、2018年10月現在、この機能は最大20リクエストをサポートしており、オーナー毎に一つのリージョンで平均1.9リクエスト/秒で持続的に使用されています。(スロットルは、リージョン内の同じオーナーの全てのオブジェクトに適用されることを意味します。)制限を超えて実行に失敗した場合は、DEBUG_CHANNEL に"Too many llRequestUserKey requests. Throttled until average falls."と表示されます。
  • この関数は、この関数が使用されたグリッドにまだログオンしていないエージェントに対しては NULL_KEY を返します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

key name_key_query;
default
{
   state_entry()
   {
       name_key_query = llRequestUserKey("rider.linden");
   }
 
   dataserver(key queryid, string data) 
   {
       if ( name_key_query == queryid )
       {
           llSay(0, "The key for this user is : " + data);
       }
   }
}

注意点

名前は常に "First[ Last]" または "first[.last]" という形式で提供されます。(ファーストネームとオプションのラストネーム(姓))ラストネームが省略されている場合、ラストネームとして "Resident" が使用されます。エージェント名では、大文字小文字は考慮されません。

関連項目

関数

•  llRequestUsername キーを名前に変換します。
•  llName2Key 名前でアバターの UUID を取得します。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function key llRequestUserKey( string username );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。