Difference between revisions of "LlRezAtRoot/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Create)
 
m (Apply LSLG Template)
Line 6: Line 6:
 
|p3_type=vector|p3_name=velocity|p3_desc=最初の速度ベクトル
 
|p3_type=vector|p3_name=velocity|p3_desc=最初の速度ベクトル
 
|p4_type=rotation|p4_name=rot|p4_desc=最初の回転
 
|p4_type=rotation|p4_name=rot|p4_desc=最初の回転
|p5_type=integer|p5_name=param|p5_desc=[[on_rez/ja|on_rez]] イベントの引数であり、rez されたオブジェクトでの [[llGetStartParameter/ja|llGetStartParameter]] の戻り値でもある。|p5_hover=on_rez event parameter and value returned by llGetStartParameter in the rezzed object.
+
|p5_type=integer|p5_name=param|p5_desc={{LSLG/ja|on_rez}} イベントの引数であり、rez されたオブジェクトでの {{LSLG/ja|llGetStartParameter}} の戻り値でもある。|p5_hover=on_rez event parameter and value returned by llGetStartParameter in the rezzed object.
 
|func_desc=オブジェクト '''inventory''' を、そのルートプリムの位置が '''position''' になるよう、'''rot''' で回転し、'''velocity''' で移動しつつ、開始パラメタ '''param''' で出現させる。
 
|func_desc=オブジェクト '''inventory''' を、そのルートプリムの位置が '''position''' になるよう、'''rot''' で回転し、'''velocity''' で移動しつつ、開始パラメタ '''param''' で出現させる。
|func_footnote=rez するオブジェクトの大きさによっては、かなりの遅延を引き起こします。<br>ルートプリムでなくオブジェクトの中心を '''pos''' として使いたい場合は、代わりに [[llRezObject/ja|llRezObject]] を使ってください。
+
|func_footnote=rez するオブジェクトの大きさによっては、かなりの遅延を引き起こします。<br>ルートプリムでなくオブジェクトの中心を '''pos''' として使いたい場合は、代わりに {{LSLG/ja|llRezObject}} を使ってください。
 
|constants
 
|constants
 
|spec
 
|spec
Line 44: Line 44:
 
|also_header
 
|also_header
 
|also_functions=
 
|also_functions=
{{LSL DefineRow||[[llRezObject/ja|llRezObject]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llRezObject}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llGetStartParameter/ja|llGetStartParameter]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetStartParameter}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llGodLikeRezObject/ja|llGodLikeRezObject]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGodLikeRezObject}}|}}
 
|also_tests
 
|also_tests
 
|also_events=
 
|also_events=
{{LSL DefineRow||[[object_rez/ja|object_rez]]|オブジェクトをインベントリから rez する時に発生する。}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|object_rez}}|オブジェクトをインベントリから rez する時に発生する。}}
 
|also_articles
 
|also_articles
 
|also_footer
 
|also_footer

Revision as of 04:17, 13 April 2009

要約

関数: llRezAtRoot( string inventory, vector position, vector velocity, rotation rot, integer param );

オブジェクト inventory を、そのルートプリムの位置が position になるよう、rot で回転し、velocity で移動しつつ、開始パラメタ param で出現させる。

• string inventory プリムの インベントリ の中にあるオブジェクト
• vector position 最初の位置 (リージョン座標で指定)
• vector velocity 最初の速度ベクトル
• rotation rot 最初の回転
• integer param on_rez イベントの引数であり、rez されたオブジェクトでの llGetStartParameter の戻り値でもある。

rez するオブジェクトの大きさによっては、かなりの遅延を引き起こします。
ルートプリムでなくオブジェクトの中心を pos として使いたい場合は、代わりに llRezObject を使ってください。

警告

  • この関数は 0.1 秒間、スクリプトを停止します。
  • inventory がプリムの中で見つからない場合、またはこれがオブジェクトでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • inventory を rez するオブジェクトから pos までが 10 メートル以上離れている場合、エラー表示を出さずに inventory の rez は失敗します。
  • あなたがその土地にログオフ時でも建造可能な権限を持っていないと、エラー表示を出さずに失敗します。
    • すなわち、以下のいずれかを満たす必要があります。
      1. そこがあなた自身の土地である。
      2. その土地を所有するグループにあなたが属し、グループによる建造が土地で許可されており、オブジェクトにグループ設定が済んでいる。
      3. その土地では誰でも建造が許可されている。
      4. その土地を所有するグループへ、オブジェクトを譲渡する。この方法は常にうまくゆくでしょう。
    • あなたがログインしている時に限り、"常に「オブジェクト作成」を許可" というグループ権限が上記の制約に優先します。詳細はディープノートの要因の項を参照してください。

Important Issues

~ All Issues ~ Search JIRA for related Bugs
   group ROLE permissions only work for scripted rez when owner is online

サンプル

<lsl> //タッチしてオブジェクトを rez する。 string object = "Object";//インベントリ内にあるオブジェクト名 integer start_param = 10; rotation rot;

default {

   state_entry()
   {
       rot = llEuler2Rot(< 0, 90, 90> * DEG_TO_RAD);
   }
   touch_start(integer a)
   {
       vector vec = llGetPos() + < 0.0, 0.0, 5.0>; // 5 メートル直上
       vector speed = llGetVel();
       llRezAtRoot(object, vec, speed, rot, start_param);
   }

}

</lsl>

関連項目

イベント

•  object_rez オブジェクトをインベントリから rez する時に発生する。

関数

•  llRezObject
•  llGetStartParameter
•  llGodLikeRezObject

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   group ROLE permissions only work for scripted rez when owner is online

Signature

function void llRezAtRoot( string inventory, vector position, vector velocity, rotation rot, integer param );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。