LlSHA1String/ja

From Second Life Wiki
< LlSHA1String
Revision as of 15:47, 25 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: string llSHA1String( string src );

srcSHA-1 セキュリティ ハッシュである 40 文字の 16 進数文字列を string で返します。

• string src

仕様

LSL の文字列は UTF-8 形式で処理されます。

サンプル

llSay(0, llSHA1String("Hello, Avatar!")); // 2E73318E547AF1B28CC0C96F95DDC9B1EE906B8D を返します。

Linux Example

$ echo -n 'Hello, Avatar!' | openssl sha1
2E73318E547AF1B28CC0C96F95DDC9B1EE906B8D

関連項目

関数

•  llMD5String

記事

•  SHA-1

特記事項

この関数が実装される前は、SHA-1 ハッシュを得るには LSL SHA-1 ポートである SHA-1 を使うしかありませんでした。

経緯

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llSHA1String( string src );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。