Difference between revisions of "LlSetForceAndTorque/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (Undo revision 850042 by Mako Nozaki (Talk))
m
 
Line 4: Line 4:
 
|func_energy=10.0
 
|func_energy=10.0
 
|func=llSetForceAndTorque
 
|func=llSetForceAndTorque
|p1_type=vector|p1_name=force|p1_desc=方向への力
+
|p1_type=vector|p1_name=force|p1_desc=方向力
|p2_type=vector|p2_name=torque|p2_desc=回転する力
+
|p2_type=vector|p2_name=torque|p2_desc=回転力
|p3_type=integer|p3_name=local|p3_desc={{LSLG/ja|TRUE}}の場合、[[Viewer coordinate frames#Local|ローカル]]軸を使い、{{LSLG/ja|FALSE}}の場合、[[Viewer coordinate frames#Region|リージョン]]軸を使います。
+
|p3_type=integer|p3_name=local|p3_desc=真偽値。 {{LSLG/ja|TRUE}} の場合、 [[Viewer coordinate frames/ja#Local|ローカル]] 軸を使い、 {{LSLG/ja|FALSE}} の場合、 [[Viewer coordinate frames/ja#Region|リージョン]] 軸を使います。
|func_desc=オブジェクトの力と回転力を設定します。(スクリプトが物理の場合)
+
|func_desc=オブジェクトの力と回転力を設定します。 (スクリプトが物理の場合)
 
|spec
 
|spec
 
|caveats
 
|caveats
Line 13: Line 13:
 
|examples
 
|examples
 
|helpers
 
|helpers
|also_functions={{LSL DefineRow||[[llSetForce/ja|llSetForce]]|}}
+
|also_functions={{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSetForce}}|}}
{{LSL DefineRow||[[llSetTorque/ja|llSetTorque]]|}}
+
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSetTorque}}|}}
 
|also_tests
 
|also_tests
 
|also_events
 
|also_events

Latest revision as of 00:38, 9 May 2010

要約

関数: llSetForceAndTorque( vector force, vector torque, integer local );

オブジェクトの力と回転力を設定します。 (スクリプトが物理の場合)

• vector force 方向力
• vector torque 回転力
• integer local 真偽値。 TRUE の場合、 ローカル 軸を使い、 FALSE の場合、 リージョン 軸を使います。

サンプル

関連項目

関数

•  llSetForce
•  llSetTorque

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llSetForceAndTorque( vector force, vector torque, integer local );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。