LlSetScale/ja

From Second Life Wiki
< LlSetScale
Revision as of 14:04, 25 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

要約

関数: llSetScale( vector size );

プリムの大きさを size に設定します。

• vector size

size の (x, y, z) 要素はそれぞれ [0.01, 64.0][1] の範囲に入ってなければならず、範囲外の場合は、一番近い端の値に丸められます。

警告

  • この関数はスクリプトの入っているプリム のサイズだけを変えます。オブジェクト全体では ありません
  • 物理 プリムでは動作しません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

//アバターがぶつかったら、開いて閉じる単純なドアです。
//そんなに効果的ではありません。 llSetStatus(STATUS_PHANTOM, 1) を使ったほうがよいでしょう...
//しかし、動作します。
vector startingSize;
default {
     state_entry() {
          startingSize = llGetScale();
     }
     collision_start(integer i) {
          llSetScale(<0.1, 0.1, 0.1>); //ちぢむ
          llSetPos(llGetPos() + <0.0,0.0,10.0>); //隠す
          llSetTimerEvent(3.0);
     }
     timer() {
          llSetTimerEvent(0.0);
          llSetScale(startingSize); //普通のサイズに戻る
          llSetPos(llGetPos() - <0.0,0.0,10.0>); //最初に戻る
     }
} //Code by Xaviar Czervik.

関連項目

関数

•  llGetScale プリムのサイズを取得します。
•  llSetPrimitiveParams プリムの属性を設定します。
•  llGetPrimitiveParams プリムの属性を取得します。

特記事項

Search JIRA for related Issues

脚注

  1. ^ 記事中の範囲は、 実数空間 に記載されているものです。

Signature

function void llSetScale( vector size );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。