Difference between revisions of "LlVecNorm/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (Undo revision 851622 by Mako Nozaki (Talk))
 
(One intermediate revision by one other user not shown)
Line 1: Line 1:
{{LSL_Function/ja
+
{{Issues/SVC-4711}}{{LSL_Function/ja
 
|func=llVecNorm
 
|func=llVecNorm
 
|func_id=13|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
 
|func_id=13|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func_footnote
+
|p1_type=vector|p1_name=vec|p1_desc=正常な範囲内のベクトル
|p1_type=vector|p1_name=vec|p1_desc=何らかの有効なベクトル
+
 
|return_type=vector
 
|return_type=vector
|return_text='''vec''' / {{LSLG/ja|llVecMag}}('''vec''') で計算される単位ベクトル
+
|Return_text=正規化された '''vec''' ('''vec''' と同じ方向をもつ単位ベクトル) 
 +
|func_footnote=機能としては <code>'''vec''' / {{LSLG/ja|llVecMag}}('''vec'''))</code> と同じです。
 
|spec
 
|spec
|caveats
+
|caveats=*入力に <0.0, 0.0, 0.0> が指定された場合は <0.0, 0.0, 0.0> が返ります。
 
|examples=
 
|examples=
<lsl>
+
<source lang="lsl2">
 
default {
 
default {
 
     state_entry()
 
     state_entry()
 
     {
 
     {
 
         vector input = <1.0,2.0,3.0>;
 
         vector input = <1.0,2.0,3.0>;
         llSay(0, (string)input+" の単位ベクトルは "+(string)llVecNorm(input) );
+
         llSay(0,(string)input+" の単位ベクトルは "+(string)llVecNorm(input) +" です。");
 
     }
 
     }
 
}
 
}
</lsl>
+
</source>
 
|helpers
 
|helpers
 
|also_functions={{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llVecMag}}|}}
 
|also_functions={{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llVecMag}}|}}

Latest revision as of 14:50, 25 February 2016

要約

関数: vector llVecNorm( vector vec );

正規化された vec (vec と同じ方向をもつ単位ベクトル) を vector で返します。

• vector vec 正常な範囲内のベクトル

機能としては vec / llVecMag(vec)) と同じです。

警告

  • 入力に <0.0, 0.0, 0.0> が指定された場合は <0.0, 0.0, 0.0> が返ります。

Important Issues

~ All Issues ~ Search JIRA for related Bugs
   llVecNorm returns zero vector as result when input is below a certain magnitude

サンプル

default {
    state_entry()
    {
        vector input = <1.0,2.0,3.0>;
        llSay(0,(string)input+" の単位ベクトルは "+(string)llVecNorm(input) +" です。");
    }
}

関連項目

関数

•  llVecMag
•  llVecDist

特記事項

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   llVecNorm returns zero vector as result when input is below a certain magnitude

Signature

function vector llVecNorm( vector vec );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。