Not at target/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

Description

Event: not_at_target( ){ ; }

オブジェクトが llTarget で設定された目標に到達していない場合に発生します。

目標に到達していない場合、このイベントが複数回発生することがあります。

Examples

<lsl> integer target_id; vector target_pos;

default {

   state_entry()
   {
       target_pos = llGetPos() + <1.0, 0.0, 0.0>;
       target_id = llTarget(target_pos, 0.5);
   }
   at_target(integer tnum, vector targetpos, vector ourpos)
   {
       if (tnum == target_id)
       {
           llOwnerSay("オブジェクトは目標範囲に入っています");
           llOwnerSay("目標位置: " + (string)targetpos + ", オブジェクトの現在位置: " + (string)ourpos);
           llOwnerSay("これは目標から " + (string)llVecDist(targetpos, ourpos) + " メートル離れています");
           llTargetRemove(target_id);
       }
   }
   not_at_target()
   {
       llOwnerSay(
           "まだ到達していません - オブジェクトは " + (string)llGetPos() + 
           " にあり, それは目標から " + (string)llVecDist(target_pos, llGetPos()) + 
           " メートル離れています (" + (string)target_pos + ")"
       );
   }

} </lsl>

See Also

Events

•  at_target
•  at_rot_target
•  not_at_rot_target

Functions

•  llTarget 位置目標を登録します
•  llTargetRemove 位置目標を登録解除します
•  llRotTarget 回転目標を登録します
•  llRotTargetRemove 回転目標を登録解除します

Deep Notes

Signature

event void not_at_target(  );