Not at target/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

説明

イベント: not_at_target( ){ ; }

オブジェクトがllTargetの呼び出しによる設定にまだ至っていなかった場合に作動します。

このイベントはターゲットが到達していなかった場合、複数回作動されるかもしれません。

サンプル

<lsl> integer target_id; vector target_pos;

default {

   state_entry()
   {
       target_pos = llGetPos() + <1.0, 0.0, 0.0>;
       target_id = llTarget(target_pos, 0.5);
   }
   at_target(integer tnum, vector targetpos, vector ourpos)
   {
       if (tnum == target_id)
       {
           llOwnerSay("object is within range of target");
           llOwnerSay("target position: " + (string)targetpos + ", object is now at: " + (string)ourpos);
           llOwnerSay("this is " + (string)llVecDist(targetpos, ourpos) + " meters from the target");
           llTargetRemove(target_id);
       }
   }
   not_at_target()
   {
       llOwnerSay(
           "not there yet - object is at " + (string)llGetPos() + 
           ", which is " + (string)llVecDist(target_pos, llGetPos()) + 
           " meters from the target (" + (string)target_pos + ")"
       );
   }

} </lsl>

参考情報

イベント

•  at_target
•  at_rot_target
•  not_at_rot_target

関数

•  llTarget 対象の位置を設定します
•  llTargetRemove 対象の位置を停止します
•  llRotTarget 対象の回転を設定します
•  llRotTargetRemove 対象の回転を停止します
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。