Difference between revisions of "PRIM TEXTURE/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (dev null removal)
m
 
Line 26: Line 26:
 
{{LSL_Function/face/ja|face|{{#var:texture_const}}|!footer=*|return={{#var:return}}}}
 
{{LSL_Function/face/ja|face|{{#var:texture_const}}|!footer=*|return={{#var:return}}}}
  
}}{{LSL Constant/ja
+
}}{{LSL Constant
 +
|inject-2={{LSL PrimitiveParam Categorize|Face}}
 
|name=PRIM_TEXTURE
 
|name=PRIM_TEXTURE
 
|type=integer
 
|type=integer

Latest revision as of 23:37, 20 December 2015

Description

Constant: integer PRIM_TEXTURE = 17;

The integer constant PRIM_TEXTURE has the value 17

プリム側面のテクスチャ設定の取得あるいは設定に用いられます。

llSetPrimitiveParams

[ PRIM_TEXTURE, integer face, string texture, vector repeats, vector offsets, float rot ]
• integer face 番号もしくは ALL_SIDES
• string texture プリムの インベントリ の中にあるtextureまたは UUID
• vector repeats 0.01単位での、0.0から100の範囲のxとy。(zは無効化されます)
• vector offsets -1から1の範囲のxとy。(zは無効化されます)
• float rot ラジアンの角度

llSetPrimitiveParamsllSetLinkPrimitiveParams で使用します。

警告

  • texture がプリムの中で見つからない場合、かつこれが UUID でない場合、またはこれがtextureでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • textureUUID である場合、オブジェクト自体に新たな アセット権限 が発生するようなことはありません。
    • アセットをプリムのインベントリの中に置いた場合、これまで発生していた使用制限は新しいオブジェクトで新たに作成されません。
JIRA で関連バグを検索する

texture 定数

次の定数を (オプションで) texture の値に使用できます。 TEXTURE_BLANK, TEXTURE_DEFAULT, TEXTURE_MEDIA, TEXTURE_PLYWOOD, TEXTURE_TRANSPARENT

<lsl>llSetPrimitiveParams([ PRIM_TEXTURE, ALL_SIDES, "5748decc-f629-461c-9a36-a35a221fe21f", <1.0, 1.0, 0.0>, <0.0, 0.0, 0.0>, 0.0 ]); llSetPrimitiveParams([ PRIM_TEXTURE, ALL_SIDES, llGetInventoryName(INVENTORY_TEXTURE, 0), <1.0, 1.0, 0.0>, <0.0, 0.0, 0.0>, 0.0 ]); llSetPrimitiveParams([ PRIM_TEXTURE, 0, TEXTURE_PLYWOOD, <2.0, 5.0, 0.0>, <0.1, 0.2, 0.0>, 1.0 ]);</lsl>

llGetPrimitiveParams

llGetPrimitiveParams([ PRIM_TEXTURE, integer face ]);

list [ string texture, vector repeats, vector offsets, float rot ]を返します。

• integer face 番号もしくは ALL_SIDES

• string texture プリムの インベントリ の中にあるtextureまたは UUID
• vector repeats 0.01単位での、0.0から100の範囲のxとy。(zは無効化されます)
• vector offsets -1から1の範囲のxとy。(zは無効化されます)
• float rot ラジアンの角度

警告

  • faceALL_SIDES であれば PRIM_TEXTURE は全ての面に作用します。
  • face が存在しない面を指している場合、 PRIM_TEXTURE の結果は [ "", ZERO_VECTOR, ZERO_VECTOR, 0.0 ] です。
JIRA で関連バグを検索する

Related Articles

Deep Notes

All Issues

~ Search JIRA for related Issues
   CHANGED_TEXTURE is not triggered when texture is changed via script

Signature

integer PRIM_TEXTURE = 17;