Difference between revisions of "Template:LSL Function/Experience/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(Add Japanese Translation page.)
 
(Japanese translation header_footnote_last and caveats.)
 
Line 13: Line 13:
 
{{#ifeq:{{{1|}}}<noinclude>true</noinclude>|true|
 
{{#ifeq:{{{1|}}}<noinclude>true</noinclude>|true|
 
{{#vardefine:header_footnote_last|{{#var:header_footnote_last}}{{PBR}}
 
{{#vardefine:header_footnote_last|{{#var:header_footnote_last}}{{PBR}}
For this {{#var:article_type}} to work, the script must be compiled into an {{LSLGC|Experience}}.{{PBR}}
+
これ{{#var:article_type}}を行なうには、スクリプト {{LSLGC|Experience}} でコンパイルする必要があります。{{PBR}}
 
}}
 
}}
 
{{#vardefine:caveats|{{#var:caveats}}
 
{{#vardefine:caveats|{{#var:caveats}}
* If you recompile a script that was previously associated with an Experience but do so with a client that lacks the ability to compile scripts into an experience the script will loose the associated Experience.
+
* 以前に体験に関連付けられていたスクリプトを体験のコンパイル機能を持たないクライアントで再コンパイルすると、スクリプトは関連する体験を失います。
 
}}
 
}}
 
}}
 
}}

Latest revision as of 08:49, 18 April 2017

#var value
header_footnote_last

これを行なうには、スクリプト Experience でコンパイルする必要があります。

spec
caveats
  • 以前に体験に関連付けられていたスクリプトを体験のコンパイル機能を持たないクライアントで再コンパイルすると、スクリプトは関連する体験を失います。
notes

コンパイル

スクリプトが Experience に関連するようにするには...

  • 体験をサポートしたクライアントでコンパイルされている必要があります
  • "体験を使用" チェックボックスをチェックする
  • 体験キーの一つを選択する
KBcaution.png 重要 すべての TPV にこの機能があるわけではありません。