Difference between revisions of "Template:LSL Function/face/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 17: Line 17:
 
{{#vardefine:caveats|{{#var:caveats}}{{#if:{{{!footer|}}}|
 
{{#vardefine:caveats|{{#var:caveats}}{{#if:{{{!footer|}}}|
 
*{{#var:facechoise}}|}}{{#if:{{{return|}}}{{{returns|}}}|
 
*{{#var:facechoise}}|}}{{#if:{{{return|}}}{{{returns|}}}|
*'''{{LSL_Param|{{{1|none}}}}}''' が存在しない面を指している場合、{{#if:{{{2|}}}|{{{2|}}}の}}結果は{{#if:{{{return|}}}|{{{return|}}}|{{{returns|}}}}}です。|
+
*'''{{LSL_Param|{{{1|none}}}}}''' が存在しない面を指している場合、{{#if:{{{2|}}}|{{{2|}}}の}}結果は {{#if:{{{return|}}}|{{{return|}}}|{{{returns|}}}}} です。|
 
*'''{{LSL_Param|{{{1|none}}}}}''' が存在しない面を指している場合、{{#if:{{{2|}}}|{{{2|}}}|関数}}はエラーを出さずに復帰します。}}}}
 
*'''{{LSL_Param|{{{1|none}}}}}''' が存在しない面を指している場合、{{#if:{{{2|}}}|{{{2|}}}|関数}}はエラーを出さずに復帰します。}}}}
  

Revision as of 03:54, 3 May 2010

#var value
ALL_SIDES ALL_SIDES
p_none_desc 番号もしくは ALL_SIDES
p_none_hover 面番号もしくは ALL_SIDES (-1)
facechoise noneALL_SIDES であれば関数は全ての面に作用します。
header_footnote

noneALL_SIDES であれば関数は全ての面に作用します。

caveats
  • none が存在しない面を指している場合、関数はエラーを出さずに復帰します。