Difference between revisions of "Touch/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m
Line 6: Line 6:
 
|p1_name=num_detected
 
|p1_name=num_detected
 
|p1_desc
 
|p1_desc
|event_desc=エージェントがタスクをクリックしている間作動します。プリム(オブジェクト)はクリックが止められるまで作動し続けるでしょう。(複数回作動します)
+
|event_desc=エージェントがタスクをクリックしている間(定期的に)作動します。プリム(オブジェクト)に対するクリックが止められるまで作動し続けるでしょう。(1回のクリックに対し、1~複数回作動します)
 
|constants
 
|constants
 
|spec
 
|spec

Revision as of 20:09, 11 March 2010

説明

イベント: touch( integer num_detected ){ ; }

エージェントがタスクをクリックしている間(定期的に)作動します。プリム(オブジェクト)に対するクリックが止められるまで作動し続けるでしょう。(1回のクリックに対し、1~複数回作動します)

• integer num_detected

サンプル

<lsl>default {

    touch(integer num_detected)
    {
         llOwnerSay("I am being touched by " + llDetectedName(0) + ".");
    }

}</lsl>

参考情報

イベント

•  touch_start
•  touch_end

関数

•  llSetTouchText タッチアクションのパイメニューテキストを設定します
•  llPassTouches ルートから通過するのと同様に、子プリムによって取得されるクリックを許可します
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。