Touch/ja

From Second Life Wiki
< Touch
Revision as of 09:22, 21 February 2016 by SakuraNoel Fayray (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

説明

! イベント: touch( integer num_detected ){ ; }

エージェントがタスクをクリックしている間ずっと発生し続けます。プリム/オブジェクトのクリック状態が解消されるまでずっと発生し続けます (何回も発生します) 。

• integer num_detected

警告

  • タッチ系 イベント がない state からタッチ系イベントがある state に遷移すると、最初のタッチ系イベントは失われます。これは 3 つのタッチ系イベント全て (touch_start, touch, touch_end) にあてはまります。 SVC-3017 を参照してください。
  • プリムの Shared Media が動作していて、アバターのビューワでその機能を使用できる場合、 LSL スクリプトはこの面に対するタッチを検出しません。以前のビューワでのタッチされたものは検出します。

サンプル

default
{
     touch(integer num_detected)
     {
          llOwnerSay("I am being touched by " + llDetectedName(0) + ".");
     }
}

参考情報

イベント

•  touch_start
•  touch_end

関数

•  llSetTouchText パイメニューの「触る」テキストを設定します
•  llPassTouches 子プリムでクリックを検出すると、ルートプリムも同じように検出したことになるようにします

特記事項

議論

   Server drops first touch event when a script returns to a state with a touch_start handler
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。