Difference between revisions of "Touch start/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(New page: {{LSL Event/ja |event_id=2 |event_delay |event=touch_start |p1_type=integer |p1_name=num_detected |p1_desc=最後のクロック周期までにタッチして探知されたエージェン...)
 
m
Line 35: Line 35:
 
|cat1=Touch
 
|cat1=Touch
 
|cat2=Detected
 
|cat2=Detected
|cat3
+
|cat3=Grab
 
|cat4
 
|cat4
 
}}
 
}}

Revision as of 04:32, 29 September 2008

説明

イベント: touch_start( integer num_detected ){ ; }

エージェントがタスクを起動することによって作動します。

• integer num_detected 最後のクロック周期までにタッチして探知されたエージェントの数

サンプル

エージェントのキーを探知するのに、0からnum_detected - 1の数値を使用することができます。 <lsl>default {

   touch_start(integer num_detected)
   {
       integer i = 0;
       for(; i<num_detected; ++i)
           llWhisper(0, "Touched by " + llKey2Name(llDetectedKey(i)));
   }

}</lsl>

参考情報

イベント

•  touch
•  touch_end

関数

•  llSetTouchText
•  llPassTouches
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。