AGENT AUTOPILOT/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

Emblem-important-red.png 警告 リリース前の文書

この constant はまだ使用できません。この記事はリリース前に書かれたもので、最終的な実装が反映されていない可能性があります。リリース予定時期 サーバ 1.32.0 , クライアント (不明, たぶん 2.0)

解説

定数: integer AGENT_AUTOPILOT = 0x2000;

integer 定数 AGENT_AUTOPILOT の値は 0x2000 です。

この値は現在、ユーザが地面を選択して「ここへ来る」を選んだとき、または Double-Click Auto-Pilot 機能を使用している時に設定されています。現在は、ユーザが地面やオブジェクトを選択して「ここに座る」を選択したときには、設定されません

このフラグはプロダクションサーバでは有効でアクティブになっていますが、機能的には未完成です。残りは将来のビューアによりけりで、オブジェクトが選択されたときに AGENT_AUTOPILOT をアクティブにするようになります。

関連記事

定数

•  AGENT_FLYING
•  AGENT_IN_AIR
•  AGENT_WALKING
•  AGENT_ALWAYS_RUN

関数

•  llGetAgentInfo

特記事項

経緯

  • VWR-13202 - AGENT_AUTOPILOT が提案され、実装が検討されたバグのレポート
  • AGENT_AUTOPILOTSVN:2900 r136439 Trunk s:1.33.0 に追加されました。
  • Second Life Server 1.32.0.136920 でサーバ側のサポートが追加されました。

全ての記事

JIRA で関連記事を検索

この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)