Developer communication tools/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

電子メールや、フォーラムや、SLで、あなたの考えていることを教えてください。何かうまくいかないことがあれば、助けを求めてください。やり方がわかれば、あなたほど運がよくない誰かを助けてあげてください。

訳注: 現在のところ、SL の開発関連のコミュニケーションは、wiki の翻訳を除いてすべて英語です。

メーリングリスト

OpenSource-Dev Mailing List (参加する) は、Second Life ビューアの開発に関する議論をするためのメーリングリストです。投稿の数が多いメーリングリストです (議論が盛り上がると、一日に30~40通のメッセージが流れます)。概ね1週間ごとにこのメーリングリストの概要が整理されます。SLDev Traffic を見てください。また、OpenSource-Dev archives を検索してみてもいいでしょう。

フォーラム

何かをやり遂げるために問題を抱えていて、手早く答えが欲しければ、"Technical Talk"フォーラムのどこかで質問してみましょう。

JIRA

何か問題に気づいたら、バグデータベースで、そのバグが登録されているかどうか調べてください。もし登録されていれば、そのバグの修正にvote (投票) してください。もしも登録されていなければ、登録してください。

Second Life JIRAでは、オープンソースに関連したビューアの問題について、バグを報告したり、問題の再現を確認したり、修正パッチを提案したりできます。

Wiki

今見ている、これです…。

Wikiは、文書を掲載したり、より深い議論を行なったり、様々な用途に使えます。

IRC

Internet Relay Chat というものです。手軽なコミュニケーションに役立ちます。EFNet IRC ネットワークを使用しています。

#opensl - irc://irc.efnet.org/opensl 一般的なオープンソースビューワのディスカッションと開発のチャネル

#opensl-jira - irc://irc.efnet.org/opensl-jira Jira エントリのリアルタイムでの追跡

SL内のグループ

住民によって運営されているもの

AW Groupies : アーキテクチャワーキンググループウェブサイト のインワールドでの議論。
Aware of the SL Issue Tracker 
Second Lifeのissue trackerについて意識を高める。
Hack SL 
「善いハッカー、悪いハッカー、単純な混沌中立のハッカーを問わず、誰にとっても否定できない事実は、今やソースが公開されていて、善意にせよ悪意にせよ、クライアントプログラムに完全にアクセスできる、ということである。我等の元に集い、この新奇にして魅力的な手段を用いてSLを修復しあるいは破壊する方法を見いだし、炎と痛みとを以て共同体を強化するのだ!」
JIRA and SLDev Fanclub 
"For all thoses techno-nerdo-geeky of SLDev enjoying the public secondlife JIRA, meta-issueing, bug-triage and much more... Trying to organize unofficial bug-triage and bogus-bug hunting party!"
OpenSL 
オープンなSecond Lifeビューア。efnetの #opensl。
Second Life Source Developers 
現実のプログラミングスキルを Linden Lab がリリースしたオープンソースに適用して、SLをより良い場所に変えるグループ。

SL内の場所

Hippotropolis地域は、Second Lifeビューアの改善に興味をもつ開発者と住民が集まる場所です。リンデンオープンソース計画の本部にテレポートしよう。

週次定例ミーティング

毎週、Open Source Meetingが開催され、オープンソースに関連する議論を行なっています。