LlAtan2/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: float llAtan2( float y, float x );

y, xarctangent2を float で返します。

• float y
• float x

アークタンジェント arctangent(y/x) に似ていますが、 象限を定めるために xy の値を個別にとる点が異なります。x , y ともにゼロの場合、ゼロを返します。
戻り値は [-PI, PI][1] の範囲にあります。

サンプル

default
{
  state_entry()
  {
    float num1 = llFrand(100.0);
    float num2 = llFrand(100.0);
 
    llOwnerSay("y = " + (string)num1);
    llOwnerSay("x = " + (string)num2);
 
    llOwnerSay("The arctangent of y divided by x is " + (string)llAtan2(num1, num2));
  }
}
//方向を示す vector 値を受け取り、その方角を文字で返す関数。

//by Ramana Sweetwater 2009/01, ご自由にお使いください。   string compass (vector target) {

   vector me = llGetPos();
   float distance = llVecDist(me, target);
   list DIRS =["W","NW","N","NE","E","SE","S","SW","W"];
   return llList2String(DIRS,llCeil(4.5-((4*llAtan2((target.y-me.y)/distance,(target.x-me.x)/distance))/PI)));
}

関連項目

関数

• llSin llAsin サインとその逆関数
• llCos llAcos コサインとその逆関数
• llTan タンジェント

記事

•  Wikipedia:三角関数

特記事項

Search JIRA for related Issues

脚注

  1. ^ 記事中の範囲は、 実数空間 に記載されているものです。

Signature

function float llAtan2( float y, float x );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。