LlCos/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: float llCos( float theta );

theta のコサインを float で返します。

• float theta ラジアンで表現された角度

サンプル

// このスクリプトが入ったオブジェクトを touch すると乱数のコサインが表示されます。
default
{
    touch_start(integer num)
    {
        float r = llFrand(TWO_PI);
        llOwnerSay((string)r + " ラジアンもしくは " + (string)(r * RAD_TO_DEG) + " 度のコサインは " + (string)llCos(r));
    }
}

関連項目

関数

• llSin llAsin サインとその逆関数
• llAcos アークコサイン
• llTan llAtan2 タンジェントとその逆関数

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llCos( float theta );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。