LlGetLandOwnerAt/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: key llGetLandOwnerAt( vector pos );

pos で指定した土地所有者の UUIDを key で返します。

• vector pos リージョン座標

仕様

土地がパブリック ドメインの場合、NULL_KEY が戻ります。この土地は指定の料金さえ払えば誰でも取得できます。プレビュー グリッドの土地はそのようにして山分けされました。メイン グリッドの土地はパブリック ドメインになることは無く、代わりに Linden Lab によるオークションで販売されます。

土地がグループ所有の場合、そのグループの UUID が戻ります。(ただしこれは使い道がありません。LSL では他にグループ UUID を扱う関数が無いからです。)

サンプル

default {
     state_entry() {
          llOwnerSay("このオブジェクトがある土地の所有者は " + llKey2Name(llGetLandOwnerAt(llGetPos())) + ".");
     }
}

関連項目

関数

•  llGetParcelDetails

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function key llGetLandOwnerAt( vector pos );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。