LlGetNextEmail/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGetNextEmail( string address, string subject );

メールアドレス address から件名 subject で送られてきた、取り込み待ち中の email を取り込む。

• string address 送信者のメールアドレス
• string subject メールの件名

addresssubject はそれが空文字列の場合、ワイルドカードとして扱われます。

仕様

addresssubject が共に合致した時のみ email イベント が発生します。

  • いずれの引数も大文字/小文字は区別されません。
  • 引数が空文字列の場合、それはワイルドカードとして扱われ、いかなるパターンにもマッチします。
  • どちらの引数も空文字列の場合、取り込み待ちの最初のメールが対象になります。
  • 取り込みは FIFO です。

サンプル

default {
    state_entry() {
        llSetTimerEvent(1.0); // これよりあまり小さくしないこと。
    }
 
    timer() {
        llGetNextEmail("", ""); // メールを受信する
    }
 
    email(string time, string address, string subj, string message, integer num_left) {
 
         llOwnerSay("新しいメールがあります: " + subj + "\n" + message);
 
    }
}

関連項目

イベント

•  email

関数

•  llEmail

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llGetNextEmail( string address, string subject );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。