LlGetRegionCorner/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGetRegionCorner( );

オブジェクトのあるリージョンの南西角のグローバル位置のメートルを vector で返します。Z 要素は0.0です。

リージョンのオフレットを取得するために 256 で分割した値を返します。

サンプル

//タッチしたときに、ユーザの位置を 'Da Boom' を <0,0,0> とした相対位置のメートルで計算します。
vector vecrel; //llgetpos と llgetregioncorner (とその他のベクトル) の合計。ベクトル計算の時間節約
 
default
{
    state_entry()
    {
        llSetText("Touch me to get your position", <1,1,1>, 2.0);
    }
    touch_start(integer total_number)
    {
        vecrel = llGetRegionCorner() + llDetectedPos(0);
        llWhisper(0, "llGetRegionCorner() is:"+(string)vecrel ); //ベクトルを足す前のデバッグ表示
        vecrel -= <256000.0, 256000.0, 0.0>;//Da Boom の地域の端は <256000.0, 256000.0, 0.0>
        llWhisper (0, "Position relative to <0,0,0> of 'Da Boom': "+ (string)llRound(vecrel.x) +",\t\t\t"+ (string)llRound(vecrel.y) +",\t\t\t"+ (string)llRound(vecrel.z) + ".");
        llWhisper(0, "Position relative to <0,0,0> of 'Da Boom':"+(string)vecrel ); //速いがフォーマットされていない出力
    }
}

注意点

great zero は Great ZeroD であるリージョン <1000,1000> の事を指します。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llGetRegionCorner();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。