LlGetTimestamp/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: string llGetTimestamp( );

"YYYY-MM-DDThh:mm:ss.ff..fZ" 形式で表現された UTC タイムゾーンでの現在の日付と時刻を string で返します。

ミリ秒の精度のようです。

サンプル

// リセット記録
 
string BOOT_TIME;
 
default
{
    state_entry()
    {
        BOOT_TIME = llGetTimestamp(); // スクリプトがリセットされると、state_entry が呼び起されます
    }
 
    touch_start(integer num)
    {
        llSay(PUBLIC_CHANNEL, "The last script was last reset @ " + BOOT_TIME);
        llSay(PUBLIC_CHANNEL, "Right now it is " + llGetTimestamp());
    }
}
// あいさつ
 
default
{
    state_entry()
    {
        llSetTouchText("Greet");
    }
    touch_start(integer num)
    {
        list TimeStamp = llParseString2List(llGetTimestamp(),["-",":"],["T"]); //タイムスタンプを取得し、分割してリストにします
        integer Hour = llList2Integer(TimeStamp,4);
        if(Hour<12)		
            llSay(PUBLIC_CHANNEL,"Good Morning, Oliver Sintim-Aboagye!");	
        else if(Hour<17)
            llSay(PUBLIC_CHANNEL,"Good Afternoon, " + llDetectedName(0));		
        else
            llSay(PUBLIC_CHANNEL,"Good Evening, " + llKey2Name(llDetectedKey(0)));
    }
}

便利なスニペット

ヘルパー関数

関連項目

関数

•  llGetDate 同じ形式ですが、時間を省きます。
•  llGetUnixTime エポック時間からの経過時間をミリ秒で表示します。
•  llGetTime スクリプトの経過時間です。

記事

•  ISO 8601
•  Wikipedia:ISO_8601
•  Code Racer - 100回の試行での使い勝手のいいベンチマーク
•  Efficiency Tester - 10,000回の試行での、さらに正確なベンチマーク
•  LSL_Script_Efficiency - 効率的なテストの徹底的な議論

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llGetTimestamp();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。