LlGroundContour/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llGroundContour( vector offset );

オブジェクトの 位置 からすぐ下の地面の等高線 + offset を vector で返します。この等高線とは、その地点での、高度に変化のない場所を示す曲線の方向です。

• vector offset

要求された位置は同じ SIM である必要があります。

仕様

この関数は次のように定義されます:

vector llGroundContour(vector offset)
{
    vector slope = llGroundSlope(offset);
    return <-slope.y, slope.x, 0.0>;
}

サンプル

関連項目

関数

•  llGround 地上高を取得します
•  llGroundNormal 地面の法線を取得します
•  llGroundSlope 地面の傾斜を取得します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llGroundContour( vector offset );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。