LlListenRemove/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: llListenRemove( integer number );

listen イベントのコールバック number を除去します。

• integer number

警告

  • state の変更または スクリプトのリセット で、全てのリスナーは自動的に削除されます。
    • state の変更を、スクリプトのリスナーを全て解放するショートカットとして利用することもできます。
  • number がすでに開放されているか、不正な値が指定された場合は、エラーは発生しません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

integer olf;
default
{
    //1 行のテキストを復唱して、リスニングを停止します
    state_entry()
    {
        olf = llListen(0, "", llGetOwner(), "");
    }
    listen(integer channel, string name, key id, string message)
    {
        llOwnerSay(message);
        llListenRemove(olf);
    }
}

関連項目

イベント

• listen

関数

•  llListen
•  llListenControl

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llListenRemove( integer number );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。