LlName2Key/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: key llName2Key( string name );

リージョン内の指定したエージェントのエージェント IDを key で返します。

• string name UUID を取得するアバターの名前。

指定した名前のエージェントがリージョンにいない場合、この関数は NULL_KEY を返します。 名前は常に "First[ Last]" または "first[.last]" という形式で提供されます。(ファーストネームとオプションのラストネーム(姓)) ラストネームが省略されている場合、ラストネームとして "Resident" が使用されます。エージェント名では、大文字小文字は考慮されません。

警告

  • この関数は、過去に使用された名前では機能しません。過去に使用された名前の検索には、|llRequestUserKey を使用します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

関連項目

関数

•  llRequestUserKey 現在または過去のユーザー名でアバター UUID を取得します。

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function key llName2Key( string name );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。