LlRotTarget/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

要約

関数: integer llRotTarget( rotation rot, float error );

この関数で、ある回転に到達したときに、スクリプトにそれを知らせることができます。
roterror と一緒に登録し、登録解除されるまで at_rot_targetnot_at_rot_target を継続的に発生させます。
llRotTargetRemove を使って目標を登録解除するためのハンドラを integer で返します。

• rotation rot 目標とする回転
• float error rot に到達したか決める角度誤差をラジアンで

同じような関数が位置についてもあります: llTarget
この関数はオブジェクトを回転させません。回転させるには、llSetRotllRotLookAtllLookAt を使用してください。

サンプル

vector standrot = <0.0, 0.0, 0.0>;
vector fliprot = <45.0, 0.0, 0.0>;
 
// Hypatia Callisto 作の、簡単な 2 個のステートからなる回転検知と回転
// 作動すると、目標回転を検知します。
// at_rot_target, not_at_rot_target, llRotTarget, llRotTargetRemove
// の純粋なサンプルがほとんどなかったので、サンプルを書きました。
 
integer rottarget;
 
default
{
 
    state_entry(){ 
        rottarget = llRotTarget(llEuler2Rot(fliprot*DEG_TO_RAD), 0.1);
        llSetPrimitiveParams ([PRIM_ROTATION, llEuler2Rot(standrot*DEG_TO_RAD)]); // 最初の回転位置まで回転する
    }
 
    not_at_rot_target()
    { 
        llRotTargetRemove( rottarget );
        llOwnerSay("not there"); //目標ではない
    }
 
    touch_start (integer total_number)
    {
        state rotatestate; // ステートを切り替えて、新しい位置に
    }
}
 
 
state rotatestate 
{ 
    state_entry(){ 
        rottarget = llRotTarget(llEuler2Rot(fliprot*DEG_TO_RAD), 0.1);
        llSetPrimitiveParams ([PRIM_ROTATION, llEuler2Rot(fliprot*DEG_TO_RAD)]); // 新しい回転位置まで回転する
    }
 
    at_rot_target(integer tnum, rotation targetrot, rotation ourrot)
    { 
        llRotTargetRemove( rottarget );
        llOwnerSay("there"); //目標に到達
    }
 
    touch_start(integer touched){ 
        state default; 
    }
 
}

関連項目

イベント

• at_rot_target not_at_rot_target 回転目標に達したときのイベント
• at_target not_at_target 位置目標に達したときのイベント

関数

•  llRotTargetRemove 回転目標を登録解除します
•  llTarget 位置目標を登録します
•  llTargetRemove 位置目標を登録解除します

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function integer llRotTarget( rotation rot, float error );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。