PRIM TYPE BOX/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

解説

定数: integer PRIM_TYPE_BOX = 0;

integer 定数 PRIM_TYPE_BOX の値は 0 です。

PRIM_TYPE_BOX は PRIM_TYPE のパラメタです。プリムをボックス状にし、箱のシェイプを規定する特定のプロパティを変更するのに使用します。

PRIM_TYPE

[ PRIM_TYPE, PRIM_TYPE_BOX, integer hole_shape, vector cut, float hollow, vector twist, vector top_size, vector top_shear ]
• integer hole_shape PRIM_HOLE_* フラグ
• vector cut 0.0から1.0の範囲のxとyで、xはyより少なくとも0.05小さくなければなりません。(zは無効です))
• float hollow 0.0(隙間無し)から0.95(最大の穴)の範囲
• vector twist xとyそれぞれの(zは無効)、-0.5(編集画面内の-180°)から0.5(編集画面内の180°)の範囲
• vector top_size xとy(zは無効)の両方の0.0から2.0の範囲
• vector top_shear xとy(zは無効)の両方の-0.5から0.5の範囲
hole_shape フラグ Shape hole_shape フラグ Shape
PRIM_HOLE_DEFAULT 0x00 初期値 PRIM_HOLE_SQUARE 0x20 四角
PRIM_HOLE_CIRCLE 0x10 PRIM_HOLE_TRIANGLE 0x30 三角

PRIM_TYPE_LEGACY

[ 1, PRIM_TYPE_BOX, vector cut, float hollow, float twist, vector top_size, vector top_shear ]
• vector cut 0.0から1.0の範囲のxとyで、xはyより少なくとも0.05小さくなければなりません。(zは無効です))
• float hollow 0.0(隙間無し)から0.95(最大の穴)の範囲
• float twist xとyそれぞれの(zは無効)、-0.5(編集画面内の-180°)から0.5(編集画面内の180°)の範囲
• vector top_size xとy(zは無効)の両方の0.0から1.0の範囲
• vector top_shear xとy(zは無効)の両方の-0.5から0.5の範囲

これはボックスの古い PRIM_TYPE 書式です (PRIM_TYPE は 9 の代わりに 1 が使用されます) 。古いコードを保守しているのでなければ、新しい書式を使用してください。

警告

  • top_size とクライアントの値は異なります。範囲は一致しておらず、変換が必要です。シンプルな計算式は、結果 = 1.0 - value です。詳細は top_size Explained をご覧ください。
JIRA で関連バグを検索する

関連記事

定数

•  PRIM_TYPE
•  CHANGED_SHAPE

関数

•  llSetPrimitiveParams
•  llSetLinkPrimitiveParams
•  llGetPrimitiveParams

イベント

•  changed

サンプル

llSetPrimitiveParams([PRIM_TYPE, 
                        PRIM_TYPE_BOX, 
                            PRIM_HOLE_DEFAULT,  // hole_shape
                            <0.00, 1.0, 0.0>,   // cut
                            0.0,                // hollow
                            <0.0, 0.0, 0.0>,    // twist
                            <1.0, 1.0, 0.0>,    // top_size
                            <0.0, 0.0, 0.0>     // top_Shear
                      ]);

特記事項

PRIM_TYPE の top_size とクライアントのテーパー変換
範囲 尖る 尖らない 底が尖る
クライアント [-1, 1] 1.0 0.0 -1.0
PRIM_TYPE [0, 2] 0.0 1.0 2.0
LEGACY [0, 1] 0.0 1.0 なし
1.11 以前 [0, 1] 0.0 1.0 なし

top_size について解説

もともとの PRIM_TYPE のインターフェースが廃止されたとき (PRIM_TYPE_LEGACY, SL 1.5)、新しい PRIM_TYPE インターフェースはプリムの底を尖らせる機能がまだサポートされておらず、SL 1.11 (2年後) になってようやく導入されました。これが導入され新しい PRIM_TYPE が廃止されたときに、top_size の範囲が拡張されました。 それまでの間、クライアントの中で属性とその定義値が再定義されていました。この再定義と範囲の拡張により、異なる値で同じことをする2つのインターフェースが存在することになりました。それまでの間 PRIM_TYPE_LEGACY のインターフェースは更新されず、プリムの底を尖らせるのはサポートされないままでした。その結果、3つのインターフェースがそれぞれ異なる範囲をもつことになり、いじわるな警告をつけるはめになってしまいました。

全ての記事

JIRA で関連記事を検索

脚注

  1. ^ 記事中の範囲は、 実数空間 に記載されているものです。
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)