他の住民に土地を貸すにはどうすれば良いですか?

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search


土地のレンタルはSecond Lifeに於いて盛んなビジネスです。あなたが沢山の土地やプライベートエステート(不動産)を所有しているなら、他の住民にあなたの所有地の一部を貸すことで利益を得ることが出来るかもしれません。 プライベートエステートのオーナーには、土地のレンタルを容易にする為のいくつかの付加ツールもあります。

ベーシックレンタル

Second Lifeに於けるレンタル(賃貸)の形式は 地主(大家)とテナント(店子)と言う構造で成り立っています。 テナントはその大家の所有する資源の一部を使用する料金として大家に対して定期的に家賃を支払います。資源の形態はそれぞれの状況によって異なります;予め土地を区画に区切って貸出している地主も居れば、リージョン(地域)内で定めらた使用可能なオブジェクト数に対して課金している地主も居ます。

テナントから家賃を徴収する方法は沢山あります;特に形式ばらない通常の直接支払いの方法を取ることで、取引記録の書面に記録を残すようにする地主も居れば、市販の(住民によって作られた)自動レンタルマシンを使っている地主も居ます。いずれにせよ自分が一番楽に感じる集金方法を選び、支払いに関するあなたのポリシーをテナントに率直に伝えましょう。

KBtip2.png ヒント: 他の異なったレンタル方法の選択肢については、現存の大家さんたちの意見をいくつか聞いてみると良いでしょう。実体験をもとに、あなたに一番適した解決法を見つけるお手伝いをしてくれるかもしれません。

それから、あなたが貸している土地に対しテナントにどの程度のコントロール力を与えるかを決める必要があります。一般的なやり方としては「レンタルグループ」を作る方法があげられます。レンタルグループを作ることであなたの土地とテナントが結ばれた関係となり; 土地をレンタルグループに設定することで、テナントはそのレンタルグループのタグを使用して自動返却を心配することなくオブジェクトをあなたの土地に設置することが出来ます。グループ所有地とグループオブジェクトに関する詳細は、ナレッジベースのグループ(英)の項を参照して下さい。

家賃の滞納が著しいテナントをグループ所有地から立退かせるには、彼らの名前を土地レンタルグループからはずし区画にある彼らのオブジェクトを返却する事が出来ます。

プライベートリージョン(地域)レンタル

エステートオーナーには、土地のレンタルを容易にする為の自由に使える沢山のツールがあります。エステートオーナーは、(メインランドと比べ)そのリージョン内の環境全般により大きな支配制御力(コントロール)を持つばかりでなく、彼らの所有するプライベートリージョン(地域)をいくつかの区画に分割して売り出す事も出来ます。プライベートリージョンにある土地区画を住人が購入した場合、住人はまるで実際にその土地を所有しているようなコントロール力を得ます。この追加機能を使用することでレンタルグループを作る必要性や、時に賃貸物件に関連して起きる複雑な権利の譲渡に関する決り事を割愛する事が出来ます。


家賃の滞納が著しいテナントをあなたのプライベートリージョン(地域)から立退かせるには、土地情報ウィンドウから「土地の返還を要求...」ボタン選びます:


KBnote.png メモ: 住民がプライベートリージョンの土地区画を購入したとしても、 実際の所有権はその区画があるエステートのオーナーにあり、(Linden Labに対する)管理費の支払いもそのオーナーによって行われます。あなたがプライベートリージョンのオーナーならば、さらにテナントから家賃を徴収する方法を定める必要があります。プライベートリージョンの土地売買に関する詳細は「How Do Land Sales in Private Regions Work?」をご覧ください。




Special thanks to clione clary and Japanese Community Translators for translating this article !