Tao of Volunteers/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

使命と展望

セカンドライフ・メンターおよびグリーターはリンデン・ラボの代理人として新規の住人に対しセカンドライフの価値を伝え、また、住人の展望をリンデンラボへ伝えるボランティアです。

私たちは、セカンドライフの新たな住人となった方々を特に重要視しています。初めて住人となり、最初の1時間のなかでどうやってセカンドライフを自分たちの世界としていくかについて回答・提案をもとめている方々に対して、多くの場合、私たちがその重要な立場である「最初に出会う人物」ということになります。私たちはセカンドライフの価値を伝える橋渡しとなり、彼らが選択し知識を得るためのリンクを示し、セカンドライフがもたらす多くの経験を元にしてアドバイスを行い、彼らが彼らの仲間と言える人々を探す道筋をしめします。私たちは新しい住人の方々に検索のしかたや彼ら自身を高める方法を教え、最初の数時間だけの知識ではなく、彼らのセカンドライフ全てを意義のあるものにできるよう努めます。

私たちの目的は、新たな住人のかたに対して手助けをし、勇気づけ、自身の経験に基づきセカンドライフの可能性について示唆することを通じて、彼らにとってもっとも信頼できる土台となることです。私達を必要としている人々に対してボランティア活動を行うことは、どんな世界でそれを行うとしても、自分自身を高めることになる可能性があると私達は考えています。私達の使命はチームとしての協力と個々人の喜びを通じてその可能性を高めていくことです。


ボランティアの行動と考え方

規範を定める

新たな住人の方が忘れられないセカンドライフ初体験をできるように導いたり、すでにある程度の期間経っている人にさらに質の高い支援を提供したりする機会がすべてのボランティアの方にあります。私達はそれをしたいからし、その行為を楽しみ、そして笑顔で行います。忘れられない瞬間のことをこのように憶えていてほしいと考えています。

私達の行動・方針は以下の標準によります:

  • 苦情を受けた場合でも礼儀を守ります
  • 困難な局面でも相手のことを考え助けになるようにします
  • 相手から返されない場合もあることを知っていても、助けようとする相手に敬意を払います。
  • 前向きな方法を探し注力します
  • 問題解決のためにチームで働きお互い助け合います
  • 頼りがいがあり、献身的で、信用できるようになります
  • セカンドライフをよりよくするために活動しアイディアを共有します
  • 気分がいいときにはユーモアとボランティアの精神を忘れないようにします
  • この奉仕行為が楽しいものになるようにします!


ボランティアが注意すべき点

常に情報に気を配る

すべてのボランティアは通知やガイドラインに眼を通す義務があります。ボランティア・プログラムは他に類がない活動です。そのため、セカンドライフ世界自体が革新するのにあわせて成長し変化してきました。VTeamはボランティアに直接影響のあるすべての変更点を伝えるべくボランティア・ポータルを作成しボランティアの方々に情報を伝える努力をしています。ボランティア・ポータルは各種ガイドライン、あなた自身のメンター技術を高めるための情報や解説まで網羅しています。


ボランティアの目的

普及と成長

セカンドライフは世界的規模の基盤として成長し続けています。私達にはボランティアチームをより強固にそして大きなものに成長させていく能力と義務があります。私達は何を行うのか?何故それを行うのか?を活発に話し合うようにする必要があります。ボランティアとして自分の知っている何かを教えるときでも、新しいやりかたを学ぼうとするようにするべきです。協調してだれもがハッピーになるような場面を作り出そうと個人個人でも努力します。


Tao(道)に従わない場合の影響

セカンドライフ・メンターとセカンドライフ・グリーターは、ボランティア Taoを守らないことでどのような影響が生じるか認識して注意する必要があります。コミュニティ・スタンダードTOS(利用規約)がセカンドライフの方針・ルールであるように、Taoはセカンドライフ・ボランティア(メンター、グリーターのいずれにとっても)の方針・ルールなのです。

Taoに従わないボランティアはセカンドライフ・メンターおよび・またはセカンドライフ・グリーター グループから除籍されます。VTeamによる決定は最終判断で変更できないものであることに注意してください。

関連情報