Template:LSL Function/give/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search

Press this link after making a change, so it becomes displayed.
{{Template:LSL_Function/give/ja|target|item|type=sound|uuid=true}}
#var value
caveats
  • target が オーナーでなく、オーナーと共有もしておらず, itemUUID でなく、かつ item が謙譲不可能の場合、 DEBUG_CHANNEL でエラーが叫ばれます。
  • item がコピー可能でない場合、 エラーがDEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • target がプリムで同じ地域でない場合、 DEBUG_CHANNEL でエラーが叫ばれます。
  • item がプリムの中で見つからない場合、かつこれが UUID でない場合、またはこれがsoundでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • itemUUID である場合、オブジェクト自体に新たな アセット権限 が発生するようなことはありません。
    • アセットをプリムのインベントリの中に置いた場合、これまで発生していた使用制限は新しいオブジェクトで新たに作成されません。
p_target_desc アバター または プリムUUID
p_target_hover アバターまたはプリムの UUID
p_item_desc プリムの インベントリ の中にあるsoundまたは UUID
p_item_hover プリムのインベントリの中にあるsoundまたは UUID
{{Template:LSL_Function/give/ja|target|item|type=sound|uuid=false}}
#var value
caveats
  • target が オーナーでなく、オーナーと共有もしておらず, かつ item が謙譲不可能の場合、 DEBUG_CHANNEL でエラーが叫ばれます。
  • item がコピー可能でない場合、 エラーがDEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • target がプリムで同じ地域でない場合、 DEBUG_CHANNEL でエラーが叫ばれます。
  • item がプリムの中で見つからない場合、またはこれがsoundでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
p_target_desc アバター または プリムUUID
p_target_hover アバターまたはプリムの UUID
p_item_desc プリムの インベントリ の中にあるsoundプリムの インベントリ の中にあるsoundまたは UUID
p_item_hover プリムのインベントリの中にあるsoundプリムのインベントリの中にあるsoundまたは UUID
{{Template:LSL_Function/give/ja|target|item|type=script|uuid=true|link=*}}
#var value
caveats
  • スクリプトが持ち物間でコピーまたは移動された場合、これらの State は引き継がれません。メモリやイベントキューや実行位置は全て破棄されます。
  • item がプリムの中で見つからない場合、かつこれが UUID でない場合、またはこれがscriptでない場合、エラーが DEBUG_CHANNEL 上で叫ばれます。
  • itemUUID である場合、オブジェクト自体に新たな アセット権限 が発生するようなことはありません。
    • アセットをプリムのインベントリの中に置いた場合、これまで発生していた使用制限は新しいオブジェクトで新たに作成されません。
p_target_desc リンク 番号 (0: リンクなし, 1: ルートプリム, >1: 子プリム) または LINK_* フラグ
p_target_hover Link number (0: リンクなし, 1: ルートプリム, >1: 子プリム) または LINK_* フラグ
p_item_desc プリムの インベントリ の中にあるscriptまたは UUIDプリムの インベントリ の中にあるsoundプリムの インベントリ の中にあるsoundまたは UUID
p_item_hover プリムのインベントリの中にあるscriptまたは UUIDプリムのインベントリの中にあるsoundプリムのインベントリの中にあるsoundまたは UUID