Template:LSL Function/permission/ja

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
#var value
header_footnote 実行するには、llRequestPermissions による [[{{{1}}}/ja|{{{1}}}]] 権限が必要です。
caveats
  • 権限の自動付与に頼らないようにしましょう。常に run_time_permissions イベントを使用しましょう。
  • スクリプトに [[{{{1}}}/ja|{{{1}}}]] の権限が不足していると、スクリプトはエラーを DEBUG_CHANNEL で叫び、操作に失敗します (しかしスクリプトは処理を続けます)。
  • [[{{{1}}}/ja|{{{1}}}]] がanyone以外の人から許可され、関数が呼び出されると、 DEBUG_CHANNEL でエラーが叫ばれます。
  • いったん [[{{{1}}}/ja|{{{1}}}]] 権限が付与されると、スクリプトの中で (例えば、新しい llRequestPermissions 呼び出しなどにより) 権限をはく奪することができません。スクリプトはオブジェクトが derez (削除、取り外し、取り込み) されない限り権限が失われません。
also_events
•  run_time_permissions 権限取得イベント
also_functions
•  llGetPermissions 付与されている権限を取得します
•  llGetPermissionsKey 権限を許可したエージェントを取得します
•  llRequestPermissions 権限を要求します
also_articles
•  権限/スクリプト