リンデン ビレッジ

From Second Life Wiki
Revision as of 19:13, 24 October 2008 by Asuka Neely (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search

リンデンビレッジって?

Linden-village-1.jpg
Linden-village-2.jpg
Linden-village-3.jpg

The world of Second Life ワールドは飛び上がるように成長しています。住民の増加が続くに伴って、Linden Lab従業員の数は全人口の割合からどんどん少なくなっていきます。これは多くの住人に

"全てのリンデンって最近どこにいるんですか?"

という質問を促しました。その間、LindenはSecond Life改善の最前線の裏側で定期的に作業しており、私たちは不運にも一般公開の場へ常に訪問するわけではありません。実際にSecond Lifeへログインした時、指定のタスクを素早くかつ最善を尽くして完了することに焦点をあてるため、私たちはしばしばオンラインステータスを隠します。不運にも、私達がサーチでステータスを有効にしている場合にいつも受け取る莫大な数のIMを同時に支えるのはとても困難です。

Second Lifeと住民とのミーティングで実際に費やしている時間は常にLindenにとって重要です。私たちは可能ならいつでも、親身的に住人達が知ろうとしている明確な問題の議論のインワールドミーティングの開催に関心があります。そして、Second Lifeの成長でも、私たちはカーテンの裏側に隠れて作業を行っているわけではなく、ワールドへの参加と探索も行っているということを住民達に知ってもらいたいのです。

あなたが最近の私たちをしばしば見つける事ができる一つの場所は、"リンデンビレッジ"と呼ばれているメインランド上のエリアです。Pathfinder Lindenは、私たちの家を探索することによって更に私たちについて知る機会を住民達に提供していることを告知、説明することがLindenにとって重要だと感じたため、村を独自にスタートしました。村はLinden達にそれぞれ土地を所有するチャンスを与えるとともに、結果として彼らが住民達と相互に交流しやすいミーティングスペースを作っています。くわえて、村は新しい住民達による探索を奨励するために、Waterheadウェルカムエリア周辺に接するように意図的に位置づけられました。

数ヶ月後、私たちはSecond Lifeへの同席を明確にすることで興味を促すため、多くのLinden達のためにリンデンビレッジを大幅に拡大しました。私たちの多くはエリアに移動して家とミーティングスペースを設置しました。私たちのいくつかは"インワールドオフィスアワー"を習慣付けて開催しています。リンデンビレッジのルネサンスです!

Second Lifeに接続している人々は、向かい合ってリンデンビレッジのようなプロジェクトを拡大しているときがとても有益で、私たちは将来等しく成し得ることを願います。

Visit-the-linden-village.jpg

  • リンデンビレッジを訪れよう' -インワールドへのテレポートのリンクをクリックして、異なるリンデンのオフィス位置が一覧化されているノートカードを入手するためにキオスククリックしましょう。
  • リンデンビレッジ フォトストリーム - 様々でカラフルなリンデンビレッジのスナップショットをみてみましょう!写真を提供してくれるいくつかの住民達も貢献を歓迎します。
  • リンデンビレッジ オフィスアワー - リンデンが開催しているインワールドディスカッションのスケジュール時間の状況一覧は、これをみましょう。