Difference between revisions of "LlApplyRotationalImpulse/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
m
 
(6 intermediate revisions by 4 users not shown)
Line 3: Line 3:
|func=llApplyRotationalImpulse
|func=llApplyRotationalImpulse
|p1_type=vector|p1_name=force
|p1_type=vector|p1_name=force
|p2_type=integer|p2_name=local|p2_desc=真偽値が{{LSLG/ja|TRUE}}の場合は[[Viewer coordinate frames#Local|ローカル]]角度を使用し、{{LSLG/ja|TRUE}}の場合は[[Viewer coordinate frames#Region|リージョン]]角度を使用します。
|p2_type=integer|p2_name=local|p2_desc=真偽値が{{LSLG/ja|TRUE}}の場合は[[Viewer coordinate frames/ja#Local|ローカル]]角度を使用し、{{LSLG/ja|TRUE}}の場合は[[Viewer coordinate frames/ja#Region|リージョン]]角度を使用します。
|func_desc=オブジェクトに回転の衝撃を加えます。
|func_desc=オブジェクトに回転の衝撃を加えます。
|func_footnote
|func_footnote
|return_text
|return_text
|spec
|spec
|caveats=オブジェクトは物理にすべきです。
|caveats=*オブジェクトは物理属性にしてください。
*アタッチメントには対応していません。
|constants
|constants
|examples
|examples=<source lang="lsl2">
default
{
    state_entry()
    {
        llApplyRotationalImpulse(<0,5,0>,TRUE); //Rotates object.
    }
}
</source>
|helpers
|helpers
|also_functions=*{{LSLG/ja|llApplyImpulse}}
|also_functions=*{{LSLG/ja|llApplyImpulse}}
Line 20: Line 29:
|negative_index
|negative_index
|cat1=Physics
|cat1=Physics
|cat2
|cat2=Movement
|cat3
|cat3
|cat4
|cat4
}}
}}

Latest revision as of 11:19, 6 August 2021

要約

関数: llApplyRotationalImpulse( vector force, integer local );

オブジェクトに回転の衝撃を加えます。

• vector force
• integer local 真偽値がTRUEの場合はローカル角度を使用し、TRUEの場合はリージョン角度を使用します。

警告

  • オブジェクトは物理属性にしてください。
  • アタッチメントには対応していません。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default
{
    state_entry()
    {
        llApplyRotationalImpulse(<0,5,0>,TRUE); //Rotates object.
    }
}

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llApplyRotationalImpulse( vector force, integer local );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。