Difference between revisions of "LlDetectedName/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
(New page: {{LSL_Function/detected/ja|number|name}} {{LSL_Function/ja |func_id=31|func_sleep=0.0|func_energy=10.0 |sort=DetectedName |func=llDetectedName|return_type=string|p1_type=integer|p1_name=nu...)
 
m
Line 7: Line 7:
'''number'''は検出数の範囲内にありません。
'''number'''は検出数の範囲内にありません。
|func_desc
|func_desc
|return_text={{LSLGC|Detected/ja|検出}}したオブジェクトまたはアバターの'''number'''に対する名前
|return_text={{LSLGC|Detected/ja|検出}}したオブジェクトまたはアバターの名前
|spec
|spec
|caveats=*このケースの場合、{{HoverText|空の文字列|{{String}}}}は{{LSL Constant/NULL KEY}}になるかも知れません...
|caveats=*このケースの場合、{{HoverText|空の文字列|{{String}}}}は{{LSL Constant/NULL KEY}}になるかも知れません...

Revision as of 05:57, 7 November 2008

要約

関数: string llDetectedName( integer number );

検出したオブジェクトまたはアバターの名前を string で返します。

• integer number 探知情報の番号

number には 負のインデックス を使用できません。 空の文字列が返るとき、 numberは検出数の範囲内にありません。

仕様

llDetected* 関数はどこでも使用可能ですが、探知イベント (collision, collision_start, collision_end, sensor, touch, touch_start, touch_end) の中、または探知イベントで呼ばれた関数の中で呼び出されたときのみ使用可能な値を返します。

警告

  • number が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
  • llDetected* 関数が有効になるイベントは、常に少なくとも 1 個以上の探知結果を返します。
    • 何も探知されなかった場合、探知イベントは発生しません。[1]
    • 探知イベントの探知個数を表す引数は、最初は決して 1 未満にはなりません。[2]
  • このケースの場合、空の文字列NULL_KEYになるかも知れません...
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl> default {

   touch_start(integer num)
   {
       integer i = 0;
       do
           llSay(0, llDetectedName(i) + "'s key is " + (string) llDetectedKey(i));
       while(num > ++i);
   }

}

</lsl>

関連項目

記事

•  検出

特記事項

Search JIRA for related Issues

脚注

  1. ^ 例外は no_sensor ですが、ここでは llDetected* 関数は有効にはなりません。
  2. ^ 他のあらゆるイベント引数と同じように、ユーザは初期値を上書きすることができます。

Signature

function string llDetectedName( integer number );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。