Difference between revisions of "LlGetAndResetTime/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
(New page: {{LSL_Function/ja |func_id=84 |func_sleep=0.0 |func_energy=10.0 |func=llGetAndResetTime |sort=GetAndResetTime |return_type=float |return_text_jaOptionAfter=その次に、0にスクリプ...)
 
m (カテゴリ変更)
Line 36: Line 36:
|notes=スクリプト時間は時間遅延で計測しません。
|notes=スクリプト時間は時間遅延で計測しません。
暦時間での経過を計測するには、代わりに[[llGetTimestamp/ja|llGetTimestamp]]を呼び、その後に時間遅延以降の時間とリセット時間で多くの場合、暦時間間隔からの差分の時間間隔を拡張します。
暦時間での経過を計測するには、代わりに[[llGetTimestamp/ja|llGetTimestamp]]を呼び、その後に時間遅延以降の時間とリセット時間で多くの場合、暦時間間隔からの差分の時間間隔を拡張します。
|cat1=Time
|cat1=Time/ja
|cat2=Script
|cat2=Script/ja
|cat3
|cat3
|cat4
|cat4
}}
}}

Revision as of 06:14, 10 April 2010

要約

関数: float llGetAndResetTime( );

秒単位でスクリプト時間を float で返します。

仕様

スクリプト時間は普通の時間と異なり、時間遅延に影響されます。詳細はllGetRegionTimeDilationをみましょう。

警告

  • スクリプト時間がリセットする時
  • スクリプト時間は現実世界の時間で計測せず、時間遅延に影響されます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

<lsl> default {

   state_entry()
   {
       llResetTime();
   }
   touch_start(integer num_touch)
   {
       float time = llGetAndResetTime(); //This is equivalent to calling llGetTime(), then llResetTime()     
       llSay(0,(string)time + " seconds have elapsed since the last touch." );
   }

}

</lsl>

注意点

スクリプト時間は時間遅延で計測しません。 暦時間での経過を計測するには、代わりにllGetTimestampを呼び、その後に時間遅延以降の時間とリセット時間で多くの場合、暦時間間隔からの差分の時間間隔を拡張します。

関連項目

関数

•  llResetTime
•  llGetTime
•  llGetRegionTimeDilation

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function float llGetAndResetTime();
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。