Difference between revisions of "LlList2String/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
(Initial translation)
 
 
(2 intermediate revisions by 2 users not shown)
Line 1: Line 1:
{{LSL_Function/list/element/ja|src|index|string|nf=*|return={{HoverText|null string|null string: ""}}}}{{LSL_Function/ja
{{LSL_Function/list/element/ja|src|index|string|nf=*|return={{HoverText|空の文字列|空の文字列: ""}}}}{{LSL_Function/ja
|func_id=188|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func_id=188|func_sleep=0.0|func_energy=10.0
|func=llList2String|return_type=string
|func=llList2String|return_type=string|p1_type=list|p1_name=src|p2_type=integer|p2_name=index
|p1_type=list|p1_name=src
|p2_type=integer|p2_name=index
|func_footnote
|func_footnote
|func_desc
|func_desc
|return_text='''src''' の '''index''' にある要素
|return_text='''src''' の '''index''' にある要素
|spec
|spec
|caveats=*この関数で配列要素をstring型へ型キャストする場合、float値の小数点以下の桁数は6桁に切り詰められます。
|caveats=*この関数で '''src''' の要素を string 型へ型キャストする場合、 float 値の小数点以下の桁数は 6 桁に切り詰められます。
|constants
|constants
|examples=<lsl>//LSL での型キャストの違い (および llList2* 関数をどう使うか) を以下に示します。
|examples=<source lang="lsl2">//LSL での型キャストの違い (および llList2* 関数をどう使うか) を以下に示します。
// チャットウィンドウ (Ctrl-H) でご覧ください。
// チャット履歴 (Ctrl-H) で最適な表示がされます。
default
default
{
{
Line 29: Line 27:
         }
         }
     }
     }
}</lsl>
}</source>
|helpers
|helpers
|also_functions={{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetListEntryType}}|}}
|also_functions={{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetListEntryType}}|}}
Line 39: Line 37:
|also_articles
|also_articles
|notes=
|notes=
16進数表記の文字列要素を整数に変換する場合は {{LSLG/ja|llList2Integer}} を使うと自動的に型変換されます。
16 進数表記の文字列要素を整数に変換する場合は {{LSLG/ja|llList2Integer}} を使うと自動的に型変換されます。


整数を16進数表記へ戻す場合は {{LSLG/ja|hex}} を使ってください。
整数を 16 進数表記へ戻す場合は {{LSLG/ja|hex}} を使ってください。
|permission
|permission
|cat1=List
|cat1=List

Latest revision as of 06:10, 25 February 2016

要約

関数: string llList2String( list src, integer index );

srcindex にある要素を string で返します。

• list src 処理対象の要素が含まれるリスト
• integer index 処理対象の要素のインデックス

index には 負のインデックス を使用できます。
indexsrc の有効なインデックス外だった場合 空の文字列 が返されます。
srcindex にある要素の型が string でなかった場合、 string への 型キャスト が行なわれます。

仕様

インデックス
先頭 0 -length
末尾 length - 1 -1

インデックス

  • 正のインデックスは先頭から数えます。先頭の要素は 0、末尾の要素は (length - 1) のインデックスを持ちます。
  • 負のインデックスは末尾から数えます。先頭の要素は -length、末尾の要素は -1 のインデックスを持ちます。

警告

  • index が正常なインデックス範囲を外れていても、スクリプトはエラー表示を出さずに処理を続けます。
  • この関数で src の要素を string 型へ型キャストする場合、 float 値の小数点以下の桁数は 6 桁に切り詰められます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

//LSL での型キャストの違い (および llList2* 関数をどう使うか) を以下に示します。
// チャット履歴 (Ctrl-H) で最適な表示がされます。 
default
{
    state_entry()
    {
        list my_list = ["a", "0xFF", "0xFF.FF", "1.0e3", 1, 2.0, <1,2,3>, <1,2,3,4>, llGetOwner()];
        integer i = 0;
        integer end = llGetListLength(my_list);
        for (; i<end; ++i)
        {
            llOwnerSay("string=" + llList2String(my_list,i)
                        + "\n   integer=" + (string)llList2Integer(my_list,i) + " OR " +(string)((integer)llList2String(my_list,i))
                        + "\n   float=" + (string)llList2Float(my_list,i) + " OR " +(string)((float)llList2String(my_list,i))
                        + "\n   vector=" + (string)llList2Vector(my_list,i) + " OR " +(string)((vector)llList2String(my_list,i))
                        + "\n   rot=" + (string)llList2Rot(my_list,i) + " OR " +(string)((rotation)llList2String(my_list,i))
                        + "\n   key=" + (string)llList2Key(my_list,i) + " OR " +(string)((key)llList2String(my_list,i)) );
        }
    }
}

注意点

16 進数表記の文字列要素を整数に変換する場合は llList2Integer を使うと自動的に型変換されます。

整数を 16 進数表記へ戻す場合は hex を使ってください。

関連項目

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llList2String( list src, integer index );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。