Difference between revisions of "LlSetAlpha/ja"

From Second Life Wiki
Jump to navigation Jump to search
m
 
(3 intermediate revisions by 3 users not shown)
Line 5: Line 5:
|p2_type=integer|p2_name=face
|p2_type=integer|p2_name=face
|func_footnote
|func_footnote
|func_desc='''プリムの表面'''に'''アルファ'''を設定します。
|func_desc='''face''' に '''alpha''' を設定します。
|return_text
|return_text
|spec
|spec
|caveats
|caveats
|constants
|constants
|examples=<lsl>
|examples=<source lang="lsl2">
float cloakSpeed = .1;
float cloakSpeed = .1;


Line 19: Line 19:
         integer x;
         integer x;
         float xf;
         float xf;
         for (x=9; x>0; x--)
         for (x=9; x>=0; x--)
         {
         {
             xf = x * .1;
             xf = x * .1;
Line 44: Line 44:
     }
     }
}
}
</lsl>
</source>
|helpers
|helpers
|also_functions=
|also_functions=
{{LSL DefineRow||[[llGetAlpha/ja|llGetAlpha]]|プリムのアルファを取得します}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetAlpha}}|プリムの透過度を取得します}}
{{LSL DefineRow||[[llGetColor/ja|llGetColor]]|プリムの色を取得します}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llGetColor}}|プリムの色を取得します}}
{{LSL DefineRow||[[llSetColor/ja|llSetColor]]|プリムの色を設定します}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSetColor}}|プリムの色を設定します}}
{{LSL DefineRow||[[llSetLinkColor/ja|llSetLinkColor]]|リンクしているプリムの色を設定します}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSetLinkColor}}|リンクしているプリムの色を設定します}}
{{LSL DefineRow||[[llSetLinkAlpha/ja|llSetLinkAlpha]]|リンクしているプリムのアルファを設定します}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|llSetLinkAlpha}}|リンクしているプリムの透過度を設定します}}
|also_tests
|also_tests
|also_events=
|also_events=
{{LSL DefineRow||[[changed/ja|changed]]|[[CHANGED_COLOR/ja|CHANGED_COLOR]]}}
{{LSL DefineRow||{{LSLG/ja|changed}}|{{LSLG/ja|CHANGED_COLOR}}}}
|also_articles
|also_articles
|notes
|notes=
用語上、「alpha」は「透明度」または「可視性」のことを意味します。
 
はっきり言うと、 llSetAlpha はスクリプトが入っているプリムにだけ影響します。リンクされたプリムには何の影響もありません。これらに透明度を設定するには、 {{LSLG/ja|llSetLinkAlpha}} を使用してください。
|deprecated
|deprecated
|cat1
|cat1

Latest revision as of 05:32, 25 February 2016

要約

関数: llSetAlpha( float alpha, integer face );

facealpha を設定します。

• float alpha 0.0 (透過) ~ 1.0 (表示) (0.0 <= alpha <= 1.0)
• integer face 番号もしくは ALL_SIDES

faceALL_SIDES であれば関数は全ての面に作用します。

警告

  • face が存在しない面を指している場合、関数はエラーを出さずに復帰します。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

float cloakSpeed = .1;

default
{
    touch_start(integer total_number)
    {
        integer x;
        float xf;
        for (x=9; x>=0; x--)
        {
            xf = x * .1;
            llSleep(cloakSpeed);
            llSetAlpha(xf,ALL_SIDES);      
        }
        state cloaked;
    }
}

state cloaked
{
    touch_start(integer total_number)
    {
        integer x;
        float xf;
        for (x=1; x<11; x++)
        {
            xf = x * .1;
            llSleep(cloakSpeed);
            llSetAlpha(xf,ALL_SIDES);  
        }
        state default;
    }
}

注意点

用語上、「alpha」は「透明度」または「可視性」のことを意味します。

はっきり言うと、 llSetAlpha はスクリプトが入っているプリムにだけ影響します。リンクされたプリムには何の影響もありません。これらに透明度を設定するには、 llSetLinkAlpha を使用してください。

関連項目

イベント

•  changed CHANGED_COLOR

関数

•  llGetAlpha プリムの透過度を取得します
•  llGetColor プリムの色を取得します
•  llSetColor プリムの色を設定します
•  llSetLinkColor リンクしているプリムの色を設定します
•  llSetLinkAlpha リンクしているプリムの透過度を設定します

記事

•  透明度

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function void llSetAlpha( float alpha, integer face );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。