Difference between revisions of "Category:LSL Video/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
(New page: {{Multi-lang}}{{LSL Header/ja}}{{LSLC/ja|}} ==説明== Second Lifeはテクスチャとビデオストリームを置換することで、プリムの側面上でインワールドのビ...)
 
 
(One intermediate revision by one other user not shown)
Line 1: Line 1:
{{Multi-lang}}{{LSL Header/ja}}{{LSLC/ja|}}
+
{{Multi-lang}}
 +
{{LSL Header/ja|ml=*}}
 +
{{LSLC/ja|}}{{LSLC/ja|Media}}
  
 
==説明==
 
==説明==
 +
 
Second Lifeはテクスチャとビデオストリームを置換することで、プリムの側面上でインワールドのビデオ再生を実行しています。動画はSecondLifeにアップロードすることはできませんが、動画ストリームへのURLを代用し得ます。
 
Second Lifeはテクスチャとビデオストリームを置換することで、プリムの側面上でインワールドのビデオ再生を実行しています。動画はSecondLifeにアップロードすることはできませんが、動画ストリームへのURLを代用し得ます。
  
Quicktimeは動画再生でクライアントに用いられ、Quicktimeと相性のいい形式でのみ現在動作し、現在の [[Open_Source_Portal|オープンソース]]クライアントを通して、だれかが他のビデオフォーマットプレイヤーとフォーマットのためのラッパーを提出することもできます。
+
Quicktimeは動画再生でクライアントに用いられ、Quicktimeと相性のいい形式でのみ現在動作し、現在の [[Open_Source_Portal/ja|オープンソース]]クライアントを通して、だれかが他のビデオフォーマットプレイヤーとフォーマットのためのラッパーを提出することもできます。
  
 
経験則上では、Quicktimeで実行できる場合、SecondLifeでもおそらく実行できます。
 
経験則上では、Quicktimeで実行できる場合、SecondLifeでもおそらく実行できます。
Line 10: Line 13:
 
再生する動画URLと置換するテクスチャを設定するには、{{LSLG/ja|llParcelMediaCommandList}}関数を使います。
 
再生する動画URLと置換するテクスチャを設定するには、{{LSLG/ja|llParcelMediaCommandList}}関数を使います。
  
現在のパーセル上で動画についての情報を測定するには、{{LSLG|llParcelMediaQuery}}を使います。
+
現在のパーセル上で動画についての情報を測定するには、{{LSLG/ja|llParcelMediaQuery}}を使います。
  
 
あなたは同様に、テクスチャのアニメーションで、動画を再生している表現を発生できます。これは{{LSLG/ja|llSetTextureAnim}}関数で成し遂げられます。
 
あなたは同様に、テクスチャのアニメーションで、動画を再生している表現を発生できます。これは{{LSLG/ja|llSetTextureAnim}}関数で成し遂げられます。
Line 20: Line 23:
 
ビデオが64、2の56、512、あるいは1024寸法ではない、そして自動調整ではない場合、寸法で灰色の線が引かれ、次に境界線上のテクスチャでビデオ表示が置き換えられるでしょう。これは動画と取って代わられるテクスチャとはかかわりないです。
 
ビデオが64、2の56、512、あるいは1024寸法ではない、そして自動調整ではない場合、寸法で灰色の線が引かれ、次に境界線上のテクスチャでビデオ表示が置き換えられるでしょう。これは動画と取って代わられるテクスチャとはかかわりないです。
  
追加情報は[[How To Show Video in SL|SLでビデオを表示する方法]]をみましょう。
+
追加情報は[[How To Show Video in SL|SLでビデオを表示する方法]]をみましょう。  
  
==Functions==
+
==関数==
 
*{{LSLG/ja|llParcelMediaCommandList}}
 
*{{LSLG/ja|llParcelMediaCommandList}}
 
*{{LSLG/ja|llParcelMediaQuery}}
 
*{{LSLG/ja|llParcelMediaQuery}}
 
*{{LSLG/ja|llSetTextureAnim}}
 
*{{LSLG/ja|llSetTextureAnim}}

Latest revision as of 04:05, 18 December 2015

説明

Second Lifeはテクスチャとビデオストリームを置換することで、プリムの側面上でインワールドのビデオ再生を実行しています。動画はSecondLifeにアップロードすることはできませんが、動画ストリームへのURLを代用し得ます。

Quicktimeは動画再生でクライアントに用いられ、Quicktimeと相性のいい形式でのみ現在動作し、現在の オープンソースクライアントを通して、だれかが他のビデオフォーマットプレイヤーとフォーマットのためのラッパーを提出することもできます。

経験則上では、Quicktimeで実行できる場合、SecondLifeでもおそらく実行できます。

再生する動画URLと置換するテクスチャを設定するには、llParcelMediaCommandList関数を使います。

現在のパーセル上で動画についての情報を測定するには、llParcelMediaQueryを使います。

あなたは同様に、テクスチャのアニメーションで、動画を再生している表現を発生できます。これはllSetTextureAnim関数で成し遂げられます。

ビデオはLSLで録画できませんが、クライアントで録画することはできます。

インワールドでストリームされたビデオはテクスチャと置き換えられるでしょう。テクスチャサイズは少し奇妙にも測定してぴったりになり、ほとんどの人はビデオが自動で調整した自動調整関数を用います。基本テストは、場合によっては毎ビデオフレーム上で倍数計算発生しているため、増大するクライアントのラグは著しく表示されていました。

ビデオが64、2の56、512、あるいは1024寸法ではない、そして自動調整ではない場合、寸法で灰色の線が引かれ、次に境界線上のテクスチャでビデオ表示が置き換えられるでしょう。これは動画と取って代わられるテクスチャとはかかわりないです。

追加情報はSLでビデオを表示する方法をみましょう。

関数