Difference between revisions of "LlBase64ToString/ja"

From Second Life Wiki
Jump to: navigation, search
m (Undo revision 851822 by Mako Nozaki (Talk))
 
Line 8: Line 8:
 
|spec
 
|spec
 
|examples=
 
|examples=
<lsl>default {
+
<source lang="lsl2">default {
 
     state_entry()
 
     state_entry()
 
     {
 
     {
Line 14: Line 14:
 
         llSay(0,test );
 
         llSay(0,test );
 
     }
 
     }
}</lsl>
+
}</source>
  
 
これは{{Wikipedia|1=Basic認証|2=Basic認証|lang=ja}}で使えます。例えば以下のようなログイン処理が挙げられます:
 
これは{{Wikipedia|1=Basic認証|2=Basic認証|lang=ja}}で使えます。例えば以下のようなログイン処理が挙げられます:
Line 23: Line 23:
 
Authorization: Basic U2VjcmV0Ok9wZW4=  
 
Authorization: Basic U2VjcmV0Ok9wZW4=  
 
</pre>
 
</pre>
<lsl>llBase64ToString("U2VjcmV0Ok9wZW4="); // "Secret:Open" という文字列を返します</lsl>
+
<source lang="lsl2">llBase64ToString("U2VjcmV0Ok9wZW4="); // "Secret:Open" という文字列を返します</source>
 
|helpers
 
|helpers
 
|related
 
|related

Latest revision as of 13:32, 25 February 2016

要約

関数: string llBase64ToString( string str );

Base64暗号化 形式の str を元の平文へデコードした文字列を string で返します。

• string str Base64 形式の文字列

警告

  • 平文に印字不能の文字があった場合、それらはスペース (' ') に変換されます。
  • 不正な文字があった場合、それらは疑問符 ('?') に変換されます。
All Issues ~ Search JIRA for related Bugs

サンプル

default {
    state_entry()
    {
        string test = llBase64ToString("U2VjcmV0Ok9wZW4=");
        llSay(0,test );
    }
}

これはBasic認証で使えます。例えば以下のようなログイン処理が挙げられます:

GET / HTTP/1.1
User-Agent: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2)
Host: www.example.com
Authorization: Basic U2VjcmV0Ok9wZW4= 
llBase64ToString("U2VjcmV0Ok9wZW4="); // "Secret:Open" という文字列を返します

関連項目

関数

•  llStringToBase64
•  llBase64ToInteger

記事

•  Base64暗号化

特記事項

Search JIRA for related Issues

Signature

function string llBase64ToString( string str );
この翻訳は 原文 と比べて古いですか?間違いがありますか?読みにくいですか?みんなで 修正 していきましょう! (手順はこちら)
この項目はあなたにとって参考にならない項目ですか?もしかしたらLSL Wikiの関連した項目が参考になるかもしれません。